【無料】KOMPLETE START がリリース

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料のKOMPLETE START がリリース

Chillout with Beats の yosi です。

DAWを持っていないけどとりあえず、KompleteStart から音を出してみたいという人向けに記事を書きました。

既にKompleteStartのインストールが終わっている方で音をとりあえず出したいという方はこちらの記事を参考にして下さい。

KOMPLETE STARTの概要

Chillout with Beats の yosi です。

長い間 Comming Soon となっていたKOMPLETE START がリリースされました。正直これが無料というのは驚きしかないです。

はっきり断言しますが、DTMをやっている人はダウンロード必須です。ダウンロード不要なのはKOMPLETE 12を持っている人だけでしょう。KOMPLETE 11ユーザも取得するべきです。とりあえず動画を見てみてください。

KOMPLETE STARTのパッケージ内容

以下の内容が一つのパッケージに入っています。

6 SYNTHESIZERS

TRK-01 BASS

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

MIKRO PRISM

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

LAZERBASS

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

CARBON 2

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

SPACE DRONE

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

NEWSCOOL

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

BLOCKS BASE

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。
少し他と異なり難しいので記事を分けていますが、最初から順に追っていけば出来るように書いています。

 

9 SAMPLED INSTRUMENTS

PLAY SERIES SELECTION

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

KINETIC TREATS

詳しい使い方等は以下の記事を参考にして下さい。

EXPANSIONS SELECTION

様々なジャンルのExpansionsから厳選した約1,500のループとサンプルを収録。各社製DAW上でKOMPLETE KONTROLを使えば、これらのサウンドのブラウズ、ロード、プレイが可能です。

WORLD

フルート、リード楽器、バグパイプ、撥弦楽器、パーカッションを含む6つの民族楽器を収録。

BAND

エレクトリックギター、ベース、アコースティックドラム、オルガン、エレクトリックピアノなど、ロック、ポップ向けの13のインストゥルメントを収録。

SYNTH

シンセ、パッド、ベース、リード、ドラムキットなど幅広いコンテンポラリーなサウンド。

VINTAGE

伝説的なアナログシンセサイザーやキーボードのサウンドを再現した13のインストゥルメント。

URBAN BEATS

ドラムループ、シングルループトラック、そして個々のスライスから構成された5つのインストゥルメントとドラムループキットを収録。

2 EFFECTS

SUPERCHARGER

直感的なインターフェイスに収められた、他に類を見ないパワフルな真空管コンプレッサー。

無料でありながらサイドチェインにも対応しています。

サイドチェインを使ってボーカルのディレイを歌っていない時にディレイ音が大きくなる方法です。

こちらも記事書いてますので、宜しければ目を通してみて下さい。

GUITAR RIG 5 PLAYER

1つのアンプ、17のキャビネット・エミュレーション、さらに13のエフェクトなどが利用でき、高音質なエフェクト処理が可能。

 

KOMPLETE KONTROL

1つのプラグインで、全てのサウンド、インストゥルメント&エフェクトの検索、プレイ、パラメーター調整が可能。

KONTAKT 6 PLAYER

全てのNI製KONTAKTインストゥルメントと多くの他社製インストゥルメントが使用できるパワフルなサンプル・プレイヤー。

REAKTOR 6 PLAYER

NIや他社製のREAKTOR PLAYER用シンセが使用できるパワフルなプラットフォーム。

KOMPLETE STARTを使ったデモ音源

簡単なデモを作ってみました。

ドラムはサンプルですが、ベースは「LAZERBASS」、ビブラフォンのようなコードやリフは「Carbon2」です。

 

KOMPLETE STARTのダウンロード方法

Native Accessの入手

NativeInstsumentsの製品はNative Accessからダウンロードする仕組みになっています。その為、ダウンロードする前に幾つかやることがあります。

 

1.Native Accessダウンロードし、アカウントを作成する
2.KOMPLETE STARTをリクエストする
3.Native AccessでKOMPLETE STARTをインストールする

一つずつ見ていきます。

1.Native Access をダウンロードしてインストールする

NativeInstsumentsのKOMPLETE STARTのページに行きます。
Native Accessについては以下のsleepfreaksさんの動画を参考にしてください。
これでNative Accessのダウンロード、インストール、アカウントの作成までできます。

2.KOMPLETE STARTをリクエストする

再度NativeInstsumentsのKOMPLETE STARTのページに行き、ライセンスをリクエストします。
以下の画面で「KompleteStartを入手する」をクリック

次の画面で「KompleteStartを入手する」をクリック

3.Native AccessでKOMPLETE STARTをインストールする

NativeAccessを起動してダウンロード、インストールをします。

画面左上の「Not installed」をクリックするとインストール出来るソフトウェアの一覧が表示されます。

右上の「INSTALL ALL」をクリックすれば自動で全てインストールされます。


もしNativeAccess に表示されない場合は、NativeAccessの上部にある更新ボタンを押してみましょう。

以上で、KompleteStart を使う準備が出来ました。

まとめ

初めての人は少し面倒ですが、一回設定すると他の製品を購入するときにスムーズに使えるようになります。また、アップデートが物凄く楽です。NativeAccessからワンクリックでアップデートができます。

 

コメント