4月にPluginBoutiqueで何か買うとAudified U78 Saturator(49ドル相当)又はExcite Audio VISION 4X Lite(75.90相当)が貰える!!

2024 04 03 19h54 27 セール
スポンサーリンク

今月も更新されました!

4月にPluginBoutiqueさんで何か買うとAudifiedさんのU78 Saturator(75.90ドル相当)又はExcite AudioさんのVISION 4X Lite(64.90ドル相当)が貰えます。

AudifiedさんのU78 Saturatorは購入特典初です。

そして半額以下にもなった事がないかと思います。

買いたいプラグインが決まったら「ADD TO CART」をクリック

2022 11 13 15h26 52

右上の「Cart」をクリック

2022 11 13 15h28 07

「Go to cart」をクリック

2022 11 13 15h28 39

以下の画面で「Claim Gift」をクリックします。
(既に貰っているか、過去に同製品を購入している場合表示されません)

2022 11 13 15h29 28 

購入特典が表示されますので、「Add to bag」をクリックします。

2022 11 13 15h29 52

以下のようにFREEで購入特典が追加されますので「Secure Checkout」をクリックして決済に進めばOKです。

2022 11 13 17h57 23

Audified U78 Saturatorの概要

伝説のアナログ・サチュレーション
あなたのトラックのために

アナログ・サチュレーションは、多くのプロデューサーのお気に入りのツールです。エレガントに適用することで、あなたのトラックに個性、存在感、鮮明さが加わります。Audifiedは、特にトラックに更なるフレーバーを加えたいプロデューサーのために、先進的なサチュレーターを作ることにしました。U78は、u78b Compressorのアナログ・サチュレーションを見事にシミュレートし、次のレベルに引き上げました。高度なコントロールにより、このプラグインはあなたのトラックに完璧なアナログキャラクターを確実に見つけます。

特徴
u73b Compressorをベースにした高度なサチュレーション回路
アナログのキャラクターとサウンドのためのモデリングされた真空管回路
オプションの自動出力レベルコントロール
エフェクトの割合と出力レベルを調整可能
ハイパスフィルターとローパスフィルターによる周波数依存効果
コントロール
Gain – サチュレーション回路の入力ゲインを調整します。高く設定するほど、豊かなサウンドが得られます。
Hi-Pass – サチュレーション回路の前にあるハイパス・フィルターのカットオフ周波数を設定します。設定範囲は30 Hz~800 Hzです。
Low Pass – 信号経路の飽和回路の前に来るローパス・フィルターのカットオフ周波数を設定します。設定範囲は1 kHz~8 kHzです。
Tone – U78サチュレーター独自のトーンフィルターをコントロールします。低めに設定すると低域が強調されたダークなサウンドに、高めに設定するとブライトできらびやかなサウンドになります。
Mix – ドライ信号とウェット信号の比率をコントロールします。ドライ信号はウェット信号パスのレイテンシーに合わせてディレイされ、位相の問題を防ぎます。

システム要件

Mac

macOS 10.11 – macOS 12 Monterey (Intel / M1 Apple Silicon対応) (64ビットのみ)
AAX、AU、VST2、VST3

Windows

Windows 7 – Windows 11(32ビット/64ビット)
AAX、VST2、VST3

本製品はiLokで保護されています。
ハードウェア・キーは不要で、無償のiLokライセンス・マネージャーを使用するだけです。

 

Excite Audio VISION 4X Liteの概要

VISION 4X Liteは、最大限の精度を備えたパワフルなビジュアル分析プラグインです。

エレクトロニック・ミュージックのトリオ、NOISIAとのパートナーシップにより開発されたVISION 4Xは、今日のトップ・ミックスと競争できるようにトラックを準備するために必要な洞察力と、どんなに控えめなセットアップでも自信を持って正しいミキシングを決定できる明瞭さを提供します。

ビジュアル・ディメンション
VISION 4XのスペクトログラムをDAWに完全に同期させ、どんなプロジェクトでも分析時間枠をカスタマイズできます。アナライザーを連続的に実行するか、時間の一部をループさせてオーバーレイさせるかを選択できます。また、特定のサウンドに焦点を当てたい場合は、MIDI信号を受信するたびにプラグインがリトリガーするように設定します。

スペクトログラム
VISION 4Xのパワフルなスペクトログラムは、低域の解像度が向上し、ミックス内の周波数に関するより多くの情報にアクセスできます。ビジュアライザーをフリーズしてサウンドのスナップショットを表示したり、ズームインして周波数スペクトルをクローズアップしたり、ディスプレイをナビゲートして見逃しがちなディテールを発見したりできます。

ビジュアライゼーション・モードの選択により、必要な方法でサウンドを確認することができます。トランジェントモードは音の始点と終点を表示するために設計されており、ハーモニックモードは信号のハーモニックコンテンツをより詳細に表示します。

10種類のカラー・マップから選択できるスペクトログラム表示は、音の分析時に最大限の情報密度が得られるように特別に選択されたものです。Map Biasを使用すれば、明るさを低域または高域に偏らせることができ、Range HzとRange Dbスライダーを使用すれば、ディスプレイの周波数と音量の範囲を完全にコントロールできます。

特徴

1つのリアルタイム高精細ビジュアルアナライザー
情報密度を最大化するために設計された10種類のカラーマップ
スペクトル分析用に周波数範囲とdB範囲をカスタマイズ可能
フリーズ表示とズームイン機能により、より深い視覚化を実現
マップカーブ/トーンバイアスで特定の周波数にカラーマップをフォーカス
分析タイムフレームをDAWに同期
2つの表示モード – 連続ビジュアライゼーション、または時間枠をループして分析を再描画するビジュアライゼーションのオーバーレイ。
MIDIリトリガー – MIDI信号を受信するたびに分析を再開します。
情報バーは、ホバー時にピッチ、ノート、dB、タイミング情報を表示します(A3 +7ct、-3.2db、bar 2.1.1)。
ステレオ/レフト/ライト/ミッド/サイドモード
Noisiaデザインのプリセット
ヘルプテキスト
サイズ変更可能なUI
M1ネイティブ
スタンドアローンモード
スペクトログラム

ローエンドの解像度を強化した高解像度ビジュアライザー
トランジェント、ハーモニック、オールラウンド分析用の3つのFFTサイズ
フリーズ、ズーム、スクロール機能

バージョン比較

2023 11 02 05h45 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セール
Chillout with Beat

コメント

タイトルとURLをコピーしました