無料のReaktor BLOCKS BASEでシンセサイザーの作り方2

Modular
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

Reaktor BLOCKS BASE第二段です。

前回は3OSCのシンセサイザーを作りました。

でも実は結構機能的には絞っています。

例えばSVFにエンベロープを付けるとか、シーケンサーを付けるとか。

今回はその辺を実装していきます。

記事読んで中々良いじゃないか~、と思ってくれた人は広告のクリックをお願いします!

前回作成したシンセを拡張していきますので、シンセの作り方は前回の記事を参考にして下さい。

無料のReaktor BLOCKS BASEでシンセサイザーの作り方1
当分Reaktor BLOCKS BASEを記事にしていこうかと思います。 画面はReaktor ユーザはReaktor Playerのダウンロードが出来ないようなので、Reaktorの画面で説明していきます。 Reaktor BLOCKS BASEと...

シンセサイザーを作ってみる2

8STEPシーケンサーを備えた3OSCのシンセサイザーに仕上げてきます。

SVF(フィルター)にエンベロープを追加する

まずはSVF(フィルター)にエンベロープを追加します。

SVFにエンベロープを追加するどうなるのかと言うと、聴いてもらうのが一番手っ取り早いかと思います。

まずはフィルターに対してエンベロープなし

次にフィルターに対してエンベロープあり

良く303の音で使われる音なので、聴いた事ある人も多いかと思います。

では追加していきます。

手順

既にある「ADSR」上で右クリックし、「Duplicate」をクリックします。

これで同じモジュールが複製されます。

1.「ENV」の「OUT」と「SVF」の「A」をつなぎます。

2.「NOTE IN」の「GATE」と「ENV」の「GATE」をつなぎます。

3.「SVF」の「A」をクリックしてモジュレーションのスライダーを上にドラッグします。

スポンサーリンク

8STEPのシーケンサーを追加する

シーケンサは8STEPで簡単に音階を出力出来ます。

また、GLIDEやGATEの長さも自在に変更出来、シーケンスの進むパターンも複数搭載されており、高機能です。

手順

メニューから「SEQ-Bento 8 Step Seqencer」(以降8STEPSと表記します)をドラッグします。(又はダブルクリック)

1.「NOTE IN」の「PITCH」を「8STEPS」の左側の「PITCH」に接続

2.「CLOCK」の「GATE」を「8STEPS」の左側の「GATE」に接続

3.「8STEPS」の右側の「PITCH」を各OSCの「PITCH」に接続

4.「8STEPS」の右側の「GATE」を各ADSRの「GATE」に接続

再生してみる

では早速鳴らしてみましょう。三角のボタンをクリックすると音が流れると思います。

VCV Rackと違ってこの辺は楽にBPM同期も出来ますし、特に何もしなくても再生ボタンで再生、停止が出来ます。

「8STEPS」の「TRACK」をクリックするとキーボードで押した音階が基音となってシーケンスが変化します。

「DIRECTION」をドラッグするとシーケンスの進む方向を変更を変えたり、ランダムにシーケンスしたりとうれしい機能が使えます。

 

まとめ

サクッとシーケンサを搭載したシンセが作れました。

LFOもあるのですが、残念ながら無料ではBPM同期が出来ないようです。

有料だと「ROUNDS LFO」と言うのがあってこれだと簡単にBPM同期します。

既にネタが尽きた感がしますが、読み手が多い+判らず使ってないユーザがいると思いますので、当面は無料のBLOCKS BASEで頑張って記事書きます。

 

コメント