ReaktorのMIDI OUTをVSTiに送る方法(MIDI連携)

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ReaktorのMIDI OUTをVSTiに送る方法(MIDI連携)

Chillout with Beats の yosi です。

Voltage Modular を使っていて別にReaktorのMIDI OUTをVoltage Modular で受けないで、VSTi鳴らしても良いんだよな、と思い記事にしました。

Reaktorには色々なシーケンサがありますので、使わない手はないです。

今回はReaktor標準で付属している「Spiral.ens」を使ってみます。

こんな感じフレーズ簡単に作れます。(VSTiはTyrellN6を使用)

TyrellN6については以下の記事を参考にして下さい。

Reaktor Factory LibraryはWindowsの標準Pathだと以下です。

C:\Users\Public\Documents\Reaktor Factory Library\Sequencers

その他、Reaktor Factory LibraryのPathはNativeAccessから確認する事も出来ます。

ReaktorのMIDI設定

もう何度もやっていますので画像のみ載せときます。
(要するに送る側と受ける側でMIDIPortを合わせます)

TyrellN6のMIDI設定

今回はu-heの無料VSTiのTyrellN6を使います。
(個人的には無料VSTベスト3に入ります)

MIDI設定は以下の通りです。

 

ReaktorのMIDI OUTをVSTiに送る方法(MIDI連携)まとめ

今回ちょっとネット回線のトラブルの為、解説少なめとなりました。

明日は回復していると思いますので、他のアンサンブルを取り上げるか、Spiralの使い方の詳細を書きます。

 

コメント