Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編⑤)

プラグイン
スポンサーリンク

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編⑤)

前回の記事はこちら

後日記事をまとめます。

ブックマーク等はされ無いようにお願い致します。

今回はAssignノブを解説します。

何回かに分けて書いていきます。

①Wobbleノブ: Wobble LFOの波形と速度のコントロール(前記事)
②FXノブ: FXシーケンサーについてのコントロール(前記事)
③Assignノブ: 2つの Wobble->Parameter 割り当ての間でモーフィングをコントロール(本記事)
④Soundノブ: マニュアル値で、パラメータをコントロール

③Assignノブ

Assignノブはそれ単体ではなく、Wobbleノブを動かした際にモジュレートするアサインメントスクリーンをAとBモーフィングが行えます。

なおCYCLOPのVer1.2を使ってたのですが、不具合でモーフィングしませんでした。
(調べたら現状の最新はv1.3.1です)
アップデートしたら問題無くモーフィングされるようになりました。
モーフィングされないという方はアプデしてみて下さい。

 

さてAssignノブの効果は以下の動画を見てみて下さい。

要するに以下のアサインメントスクリーンには「WBL AMT」のみとAとBの切り替えが出来ます。

そしてそのAとBをAssignノブでモーフィング出来る訳です。

そしてAssignノブはRec機能で記録も出来ますし、レコーディングページでエディットする事が出来ます。

記録する場合はノブの隣のレックボタンです。

①レコーディングページ

②Assignノブのステップシーケンサ

なお Ctrl キーを押しながらドラッグで線を引けます。

動画を用意しました。

 

あとは下のバーを調整する事でステップシーケンサの長さや再生位置を変更する事が出来ます。

 

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編⑤)まとめ

CYCLOP色々な方法でパラメータをモジュレート出来るので、時間軸で変化する凝った音作りが可能です。

次はSoundノブをやってオシレーターの解説に進みます。

コメント