Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編④)

プラグイン
スポンサーリンク

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編④)

前回の記事はこちら

 

後日記事をまとめます。

ブックマーク等はされ無いようにお願い致します。

今回は「Main Control」の「FXノブ」についての解説です。

何回かに分けて書いていきます。

①Wobbleノブ: Wobble LFOの波形と速度のコントロール(前記事)
②FXノブ: FXシーケンサーについてのコントロール(本記事)
③Assignノブ: 2つの Wobble->Parameter 割り当ての間でモーフィングをコントロール
④Soundノブ: マニュアル値で、パラメータをコントロール

②FXノブ

右上には、FX シーケンサーをコントロールするための美しい FX ノブがあります。このノブには、すべてのアクティブなエフェクトスロットと現在の Gater パターンも表示されます。エフェクトとゲイターは FX シーケンサーでしか編集できないので、面白い FX Knob エリアをクリックすると FX シーケンサーが直接開きます。

FX ノブは、レコーダー(緑の再生ボタン)、FX シーケンサーのクロック(青の再生ボタン)、マウス/MIDI CC(手のボタン)によって再表示することができます。

 

FXノブは右上のノブでプリセットによってはカラフル表示です。

この色の1つ1つがFXが割り当てられている事を意味しています。

ノブの周りの白い部分はGateを意味しています。

ノブを動かすには4つの方法がありますが、ここでは2種類を解説します。
(他の2種類は別途解説します)

①手動又はMIDI CC
②FXシーケンサー

 

①手動又はMIDI CC

手動で動かしたい場合やDAWでオートメーションさせる場合は①を選択します。

DAWのオートメーションの方が使い勝手が良いケースもあると思いますので、この辺はケースバイケースかと思います。

②FXシーケンサー

メインはこちらです。

右上のアイコンからアクセス可能です。

4×8のマス目は縦がエフェクトカテゴリ、横がシーケンスです。

搭載エフェクト

エフェクト4つのカテゴリに分かれていて、同時利用可能は4カテゴリの中から1つずつです。

・Pitch Looper(8種類)
・Looper (8種類)
・Vinyl FX(8種類)
・Send FX (8種類)
 

なおSend FXは画面下のメモリでドライ/ウェットの調整が可能です。

動画を撮ってみました。

 

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編④)まとめ

エフェクト結構エグイ音が出ますね。

そしてエディットしてて楽しいです。

全体的に他に無い機能が多く、遊び心が擽られる良いシンセだと思います。

コメント