Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編②)

プラグイン
スポンサーリンク

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編②)

前回の記事はこちら

今回は「MIDI Program List」についての解説です。

「MIDI Program List」を切り替えるとこんな感じが簡単に作れます。

MIDI Program Listの解説

MIDI Program ListはMIDIのプログラムチェンジでプリセットを変更出来ます。

決して新しい技術や発想ではありませんが、DubStepのワブルべースやシンセ系の効果音を多用する場合にはかなり威力を発揮します。

MIDI Program Listの操作

「MIDI Program List」はドラッグアンドドロップで入れ替えが可能ですし、タグのフィルター結果からドラッグして入れ替える事も可能です。

一番下のアイコンはタグのフィルター結果を一括して「MIDI Program List」を入れ替える事が出来ます。

動画も用意しました。

 

MIDI Program Listの保存

「MIDI Program List」を新たに保存する場合は下図赤枠部分をクリックすればリストを保存可能です。

 

MIDI Program Listの切り替え方

別途ちゃんと書きますが、簡単に書いておきます。
(相も変わらずFLStudioでのやり方です)

「MIDI Out」を追加します。

「Cyclop」の「MIDI Input port」を「MIDI Out」と合わせます。

あとは「Patch」の部分を切り替えた際に「Cyclop」のプセットが変われば設定はOKです。

こんな感じです。

あとはオートメーションカーブやイベントで操作すれば思いのままです。

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編②)まとめ

「MIDI Program List」の機能はかなり良いです。

何が素晴らしいって可逆なんですよね。

プリセットの一部を変更と言う事が簡単に出来ます。

「MIDI Program List」はまた実践編で詳しく解説します。
(個人的にはこれがCYCLOPのメイン機能だと思ってます)

コメント