Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編①)

プラグイン
スポンサーリンク

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編①)

Sugar BytesさんのモノシンセCYCLOPの使い方を少し書いていきます。

まずは誰もが使うであろうプリセット部分の解説からしていきます。

CYCLOPのプリセットブラウザは中々素晴らしいです。

と言うのもプログラムチェンジでプリセットが変えられる+順番も自分で設定可能なんです。

どんな事が出来るかと言うと以下の動画を見てみて下さい。

ダブステップのワブルベースとかって結構色々な音を鳴らすのが主流かと思います。

CYCLOPの場合、複数用意しなくてもプログラムチェンジをオートメーションすれば1つで複数の音色をコントロールする事が可能です。

詳しいやり方は応用編で解説します。

プリセットブラウザの解説

使い易いプリセットブラウザです。

プリセットを探す際に以下の方法でプリセットを探す事が出来ます。

・最大4種類付与可能なタグ
・レイティング
・プリセットの作者

トレースウィンドウ

トレースウィンドウはタグでフィルターする事が出来ます。

フィルターの仕方は以下の4種類があります。

・Cloud 
・Tag List
・Author List
・Folder List 
Cloud 

素敵な音を見つけるための美しい方法。クラウドには、その量に応じてサイズの異なるすべてのタグが表示されます。
タグをクリックすると、そのタグを持つすべてのプリセットが「結果リスト」に表示されます。別のタグをクリックすると、検索結果がシャープになります。

紛らわしいのですが、クラウド上にプリセットがあるというものではないです。

ちょっと動画を録ってみました。

簡単に目的のプリセットを抽出することが出来ます。

Tag List

すべてのタグが一覧で表示されます。
クラウドと全く同じように動作します。

「Cloud」のアニメーションが邪魔と言う方は「Tag List」を使うと良いかと思います。

Author List

ここでは、その作者に応じたプリセットを見つけることができます。

良いなというプリセットがあったら作者でフィルターすると結構当たりのプリセットが見つかることがあります。

Folder List

ここでは、すべてのプリセットフォルダが表示され、プリセットをフォルダごとにフィルタリングすることができます。

プリセットフォルダの階層がそのまま表示されます。

プリセットは以下のPathにあります。

Documents/Sugar Bytes/Cyclop.

なお、自分でフォルダを作れば自動で認識されますが、階層は1つまでです。

 

Edit Field

このフィールドでは、選択したプリセットにタグが割り当てられます。Author、Rating、4つのタグを割り当てることができます。変更されたものはすぐに実行されます。ロボットはどのタグが割り当てられているかを表示します。 割り当てられたタグごとに、彼のパーツの1つが明るくなります。

 

 

Sugar BytesのモノシンセCYCLOPの使い方(基礎編①)まとめ

次回はMIDI Program List部分の使い方を書きます。

 

 

 

コメント