ArturiaのCMI Vに自分のサンプルを読み込ませる方法

プラグイン
スポンサーリンク

ArturiaのCMI Vに自分のサンプルを読み込ませる方法

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

ArturiaのCMI Vは只今セール中(5/7まで)ですので、お持ちでない方は要チェックです。

Mellotron Vを使ったサンプルのインポート記事はこちら

こんな感じです。リアルタイムでは無いですが、サンプリングレイトやBitDepthが変更出来て音の幅も広いです。

ワンショットサンプルはReverb.comで無料配布されているCasio CZ1000のElectric Pianoを使いました。(もともとLo-FiサウンドなのでさらにLo-Fiにするという訳の判らんことをしてます)

 Reverb.comの無料配布情報はこちらをご確認下さい。

 

ちょっとベースとドラムを足すとこんな感じです。

Lo-Fiなドラムンベースなんてのも良いんじゃないでしょうか。

 

では実際に読み込ませる流れをご紹介します。

CMI Vに自分のサンプルを読み込ませる

まずCMI Vを読み込みます。

いやー無駄にかっこいいですね。

何気に画面上のPCキーボードをクリックすると音が鳴ります。

ディスプレイをクリックすると編集モードに入ります。

早速ワンショットサンプルを読み込みます。

ファイルはドラッグアンドドロップで読み込めます。

ここではReverb Casio CZ1000のElectric PianoからC2を読み込みます。

ワンショットのチューニングを合わせる

まずデフォルトの状態がA2なので、これをC3に修正します。

「TUNE/MAP」タブを開きます。

「ROOT」が「A2」になっていると思いますので、「C3」に変更します。

以下の様に変更します。

次に何でも良いのでチューナプラグインを起動します。

もしお持ちでない場合はGTuneが手っ取り早いと思います。
(Mac版はこちら

ここではbx_tunerで進めます。

FLStudioだとキーボードの Q を押すとC5 60が鳴ります。(他のDAWだとC3)

「SEMI」が一音単位で「FINE」が1/100音単位で変更出来ますので、Cに合うようにします。

以下の動画を見てみて下さい。

音色を調整する

Lo-Fiにする

音をLo-Fiにしたい場合は、「SampleRate」や「BitDepth」を落とします。

「EDIT」タブから「SampleRate」や「BitDepth」を変更するとLo-Fiサウンドになります。

ポルタメントを有効にする

Lo-Fiとポルタメントって相性が良いと思うんですよね。

ポルタメント?と言う方は以下の音を聴いてみて下さい。

ポルタメントを有効にするには「CONTROL」タブの「PORTAMENTO」を有効にして「TIME」の値を増やします。

後はモノ(単音)にする場合は「TUNE/MAP」タブの「Poly」を「Mono」に変更すると出来ます。

ArturiaのCMI Vに自分のサンプルを読み込ませる方法まとめ

これは楽しいですね。

かなりLo-Fi具合を調節出来ます。

あとこれ何と言ってもドラムもワンショットを読み込んでゾーン分けすれば出来ます。

この辺のやり方も書こうと思います。

 

 

コメント