SoundspotのUnionで外部WaveTableを読み込む方法

プラグイン
スポンサーリンク

SoundspotのUnionで外部WaveTableを読み込む方法

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

書いたと思っていたのですが、見当たらなかったので、書いときます。

と言ってもとても簡単なので、「Free Wavetables」でダウンロードしたWaveTableを読み込む方法までを解説します。

「Free Wavetables」については以下の記事を参考にして下さい。

無料で大量のWaveTableを入手可能です。

あとレビューも書いてますので、宜しければどうぞ

 

SoundspotのUnionにWaveTableを読み込む

まずUnionを起動して、「OSC3」の虫眼鏡アイコンをクリックします。

左上と右上のフォルダアイコンからWaveTableを読み込む事が出来ます。

少しだけ異なるWaveTableを左右に読み込み、左右に広げる事も出来ます。

ただし左右のWaveTableが結構違うと位相が乱れて気持ち悪くなります。

ですから、基本は左右同じWaveTableを読み込んだ方が良いです。

試した限りだとWaveTableのサイズは128から2048まで全て読み込めました。

実際に読んで色々変更する過程を動画にしてみました。

「Free Wavetables」にはかなり色々なWaveTableがあるので、色々試してみて下さい。

WaveTable変えるだけでかなり音が変わります。

SoundspotのUnionで外部WaveTableを読み込む方法まとめ

読み込めて使えるのは良いのですが、管理する方法などアップデートされたら良いのに。

セール価格とは言え、$8で読み込めてこれだけのエディットし易さなら文句は言えません。

Unionはエディットのし易く、直感的に音作りが出来るので良いです。

 

コメント