Plugin BoutiqueのVirtualCZに無料のプリセットを追加する方法

プラグイン
スポンサーリンク

Plugin BoutiqueのVirtualCZに無料のプリセットを追加する方法

Lo-FiやCityPop系に合うVirtualCZが只今セール中です。

VirtualCZはPlugin Boutiqueから販売されていますが、Plugin Boutiqueで開発している訳では無いようです。

VirtualCZの開発元はOLI LARKINさんという方です。

で色々見ていたらオリジナルCZ101, CZ1, CZ230S, RC10, RC20, RC30のプリセットをVirtualCZ様にコンバートしたファイルが無料公開されていたのでご紹介です。
(全部で388プリセット)

この記事では以下の内容でお送りします。

・プリセットのダウンロード方法
・プリセットの読み込み方法

 

プリセットのダウンロード方法

以下のリンクから遷移します。

右下の「DOWNLOAD」から「VirtualCZ_Casio_Presets.zip」をクリックしてダウンロードします。

解凍すると以下のような内容です。

見たまんまですが、フォーマット毎に入れる必要があります。

プリセットの読み込み方法

上から解説してきます。(Macに関してはRead meの日本語訳です)

AU

これらのプリセットは拡張子 .aupreset で終わります。これらのプリセットは mac の audiounit ホストでのみ動作します。置く場所は以下の通りです。

System Presets folder:
/Library/Audio/Audio/Presets/Plugin Boutique/VirtualCZ

User Presets folder:
~/Library/Audio/Audio/Presets/Plugin Boutique/VirtualCZ

VST3

いつもVST3を使うかVST2を使うか悩むのですが、VirtualCZに関してはVST3を使う方がプリセットの管理が遥かに楽です。

VST3の場合、「System」の中に表示させる事が出来ます。

追加方法はVirtualCZ の 「File」から「Reveal System .vstpreset folder…」 または 「Reveal User .vstpreset folder… 」をクリックします。

「System」に表示させるか「User」に表示させるかで格納するフォルダを変えます。

現状大した量もないので、「System」で良いのかなーと思います。

全部追加するとこんな感じです。

 

VST2

これらのプリセットは、拡張子 .fxp (個々のプリセット用) と .fxb (バンク用) で終わります。

固定された場所はありません。VirtualCZ ファイルメニューからバンクまたは個々のプリセットをロードすることができます。

要はどこでもいいから置いてそこを開いてねってことですね。

格納するのは下図赤枠の「fxb」ファイルのみで大丈夫です。
(fxbはバンク、fxpは個々のプリセット)

読み込み方はまず、「FILE」から「Use .vstpreset browser」のチェックを外します。
(このチェックを外さないとLoad Bankがグレーアウトしています)

次に「FILE」から「Load Bank」->「VST2(.fxb)」をクリックし、先ほど格納したフォルダを開き「CZ1.fxb」等を開きます。

以下の様にプリセット読み込まれます。

それぞれのプリセット数は以下の通りです。

バンク名 プリセット数
CZ1.fxb 64
CZ101.fxb 32
CZ230S-A.fxb 64
CZ230S-B.fxb 36
RC10.fxb 64
RC20.fxb 64
RC30.fxb 64

Plugin BoutiqueのVirtualCZに無料のプリセットを追加する方法まとめ

追加したプリセットも良い音してますね。

この価格でこの機能ならかなり良いです。

現状使い方が良く判らないので、理解進めて記事を書こうかと思います。

コメント