Xfer Records Serumで初心者が知るべき音色エディットのコツ(音色編)

プラグイン
スポンサーリンク

Xfer Records Serumで初心者が知るべき音色エディットのコツ(音色編)

管理人 の yosi です。

Serum初心者向けの記事を少し書きます。

プリセットのみ使っている方も是非見てみて下さい。

私はプリセットを使うのは肯定派です。
(ソフトシンセを使っている時点でテクノロジーの恩恵を受けているのでどんぐりの背比べですね)

ただ、プリセットを使っていると、もうちょっと派手に音を変えたいとか、ちょっと違い音色でリズムパターンは同じが良いとか思う事ありませんか?

そんなお悩みを解決する記事でございます。

今回は音色を変える事にフォーカスを当てて解説します。

・WaveTable自体を変えて音色を変える方法
・WaveTableの再生位置を変えて音色を変える方法
・Filterを使って音色を変える方法

WaveTable自体を変えて音色を変える方法

単純に音色(雰囲気)を変えたい場合はこれが一番簡単です。

やり方はWaveTableの画面から他のWaveTableを選択するだけです。
(又は→をクリック)

これだけでもかなり音色が変わります。

動画を用意しました。

特にWaveTableのポジションをLFOなど動かしている場合は、ガラっと音が変わります。

 

WaveTableの再生位置を変えて音色を変える方法

WaveTableの再生位置や再生する範囲を変えると結構音色が変わります。

対象は以下のノブです。

ノブと左上のアイコンでLFO等のモジュレーション適用量を設定します。

例えば前半のWaveTableだけを使う場合は、以下の様にノブ自体は10%~20%程度にし、モジュレーションの適用量を調整します。

動画を用意しました。

ほんの少しの変更ですが、音がかなり変わります。

 

Filterを使って音色を変える方法

Serumにはかなり多くのFilterが搭載されています。

Filterを変えるだけでもかなり音色が変わります。

Filterも変更でリストから選択か、「<>」のカーソルで選択します。

注意点はオシレータの音がFilterを通るにはLEDがOnである必要があります。

上から「OSC A」、「OSC B」、「Noise」、「Sub」です。

動画を撮りました。

 

Xfer Records Serum初心者が知るべき音色エディットのコツ(音色編)まとめ

ほんと少しの事ですが、音色がガラリと変わったと思います。

しかしほんと奥が深くて色々試したくなるシンセですね。

次回はリズム(ADSR、LFO)を変更する方法をお送りする予定です。

 

コメント