【無料】多機能なVSTプラグインホストCarlaの使い方①

DTM
スポンサーリンク

【無料】多機能なVSTプラグインホストCarlaの使い方①

ダウンロード方法等は前回の記事を参考にして下さい。

 

ちょっと使い方を調べているのですが、情報が少ないです。

と言う事でトライアンドエラーで色々やってみている訳ですが、とりあえずVSTとして使う方法が判ったので記事にします。

今回は以下の内容でお送りします。

・CarlaをVSTプラグインとして使う方法

 

CarlaをVSTプラグインとして使う方法

最初に書いておきますが、結構不安定なので、正直過度な期待は禁物です。
(音が切れたりDAWごと落ちる事もありました。)

実験好きの方向きかと思います。

ただCarlaを理解しようとする場合、DAWからMIDIデータ等を送った方が仕組みの理解は進みます。

やり方は簡単でCarlaのフォルダを丸ごとVSTプラグインフォルダに入れます。

VCV Rackとかと同様でWrapperとして動作しますので、「CarlaVstFxShell.dll」等のDLLだけVSTフォルダに入れてもPathが通らず動作しないと言う事かと思います。

あとはDAWからスキャンすればOKです。

スキャンすると以下の様に10種類プラグインとして認識すると思います。

Carlaの起動

「Carla」を起動する場合は「carlapatchbay」をミキサーに読み込みます。

Wrapperが表示されるので、クリックします。

これで「Carla」が表示されます。

動画も用意しました。

FLStudioの場合

「Use Fixed Buffers」をOnにしましょう。

しないとノイズが出たりCPU負荷が高くなります。

各VSTの役割

簡単に調べたのでそれぞれの違いを書いておきます。

carlapatchbay、carlapatchbayFX

「carlapatchbay」は単体起動と同じです。

InとOutは2つです。

「carlapatchbay」と「carlapatchbayFX」に違いは見られませんでした。

多分ですが、本来は「carlapatchbay」は「Instruments」として動作させる為に用意されたと思います。(現状は全てFXとしてFLStudioでは認識され変更不可)

carlapatchbay16、carlapatchbay16FX

「carlapatchbay16」と「carlapatchbay16FX」は単純にInとOutが16用意されているだけです。

FLStudioには「Patcher」があるので恩恵はありませんが、他のDAWの場合はうれしい機能ではないでしょうか。

carlapatchbay32、carlapatchbay32FX、carlapatchbay64、carlapatchbay64FX

もう説明は不要だと思いますが、「carlapatchbay16」の32ポートと64ポート版です。

InとOutの数以外に違いは無さそうです。

carlarack、carlarackFX

carlarackはエフェクトチェイン等を保存しておく為の物かと思います。

順番の変更は右クリックから出来ますが、それ以外の自由度は無さそうです。

配線をせずに直列で並びますので、楽と言えば楽です。

 

【無料】多機能なVSTプラグインホストCarlaの使い方①まとめ

多少癖はありますが、非常に面白いです。

最初不安定でしたが、「Use Fixed Buffers」の設定をしてから落ち着いた感じがします。

概要については少しずつ判ってきましたが、各標準のモジュールは全く手を付けていないので、徐々に使い方を学んで記事にしてきます。

スポンサーリンク
DTM
Chillout with Beats

コメント