Xfer Records Serumで画像からWaveTableを作る方法

プラグイン
スポンサーリンク

Xfer Records Serumで画像からWaveTableを作る方法

管理人の yosi です。

ちょっと時間が無い為、シンプルな記事です。
(シンプル=使えないという記事にならないようにはしてます!)

なんとSerumって画像からもWaveTable作れるんですね。

こんな感じです。

LoopMasterさんの所で開催されているRemix概要ページにあったロゴをちょっと使わせて頂きました。

 

この記事では以下の内容でお送りします。

・Serumで画像からWaveTableを作る方法

 

Serumで画像からWaveTableを作る方法

方法というか以下の赤枠部分にPng画像をドラッグアンドドロップするだけなんですね。

GIF動画を用意しました。

マニュアルにすこーしだけ書いてありました。

実装されたのはVersion 1.15の時で、マニュアルP70に少しだけ記載があります。

P G (image) to WT import -> drag P G to WT, it load P G, stretches to internal 2048×256 size, maps luminance to WT amplitudes.

luminance(輝度)による音量変換が行われるようです。

 

Xfer Records Serumで画像からWaveTableを作る方法まとめ

適当な画像をドラッグアンドドロップすれば色々な音が作れるというのも凄いですね。

引き続きSerumの小ネタを書いてきます。

 

コメント