Rift Filter LiteのFL Studioでの使い方①

FL Studio
スポンサーリンク

Rift Filter LiteのFL Studioでの使い方①

「Rift Filter Lite」が非常に優秀なのでFLStudioでの使い方として以下の方法を解説します。

「Rift Filter Lite」のダウンロードは以下の記事からどうぞ
(一応期間限定のようなのでお早めに)

 

この記事で解説するのは以下の2つです。

・オートメーションを使う方法
・Envelope Controllerを使う方法

 

「Rift Filter Lite」はフィルターのエフェクトプラグインなので前提として音源が必要です。

この記事は既に音源がある状態で進みます。

早速解説していきます。

オートメーションを使う方法

「Rift Filter Lite」はFilterの種類は申し分ないのですが、LFOが搭載されていないので、オートメーションする必要があります。

やり方は「Rift Filter Lite」を開き、左上の▼から「Browse parameters」をクリック

ブラウザにパラメータの一覧が表示されますので、オートメーションしたいパラメータ上で右クリックから「Create automation clip」をクリックします。
(ここではCutoffでオートメーションクリップを作成します)

以下の様な感じでオートメーションクリップが出来ますので、好きな形にします。

適当に作ってみました。

この他にオートメーションクリップをLFOとして動作させることも出来ます。

オートメーションを作ったら、オートメーションクリップ上部の色が違う部分をダブルクリックします。

表示されたダイアログで「LFO」をクリックします。

これでオートメーションクリップをLFOとして使えるようになります。

調整は各つまみで行います。

スピードはどうやら目分量で合わせるしかない様です。

ノブを動かす時に Ctrl を押しながらマウスをドラッグすれば細かくメモリを動かす事が出来ます。

 

なおオートメーションクリップに関しては色々記事を書いていますので、こちらもどうぞ

FLStudioの使い方 オートメーションの長さの変更する方法(2種)
FLStudioの使い方 オートメーションクリップの長さの変更方法(2種) 管理人の yosi です。 オートメーションネタが続きます。 ちょっと仕事が忙しいので軽めでいきます。 今回は以下の内容でお送りします。 ・オートメーションクリップの長さ...
FLStudioの使い方 オートメーションクリップをLFOとして使う方法
FLStudioの使い方 オートメーションクリップをLFOとして使う方法 管理人の yosi です。 基本的な解説が少ないと思うのです少し書いてきます。 もちろん他では結構ざっくりとしか書いてない所もしっかり解説します。 この記事は以下の内容でお送...
FLStudioの使い方 オートメーションクリップの保存と呼び出し方法
FLStudioの使い方 オートメーションクリップの保存と呼び出し方法 管理人の yosi です。 これ書こうと思って忘れていたので、書いてしまします。 簡単ですが、意外と知らない人多いかもしれません。 この記事は以下の内容でお送りします。 ・オ...
FLStudioの使い方 オートメーションのコピーと複製方法4種解説
FLStudioの使い方 オートメーションのコピーと複製方法4種解説 管理人の yosi です。 FLStudioのオートメーションクリップネタ続きます。 この記事は以下の内容でお送りします。 ・オートメーションクリップの複製方法(2種) ・オー...
FLStudioの使い方 一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる方法
FLStudioの使い方 一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる方法 Chillout with Beats 管理人の yosi です。 シンセをレイヤーで重ねる時に同じ動きなのにオートメーションそれぞれ作るの面倒ですよね。 オートメーションは...
FLStudioの使い方 オートメーションを完全にリセットする方法
FLStudioの使い方 オートメーションを完全にリセットする方法 管理人の yosi です。 オートメーション系でまとめて書こうかとも思ったのですが、検索性が下がるので、個別記事にします。 まずはリセット方法です。 オートメーションクリップを削除...

Envelope Controllerを使う方法

オートメーションでも良いのですが、Future系の様なこまかい編集が必要な場合は、オートメーション書くのは大変なので、「Envelope Controller」を使うと良いかと思います。

こんな感じです。

 

やり方はまず「Envelope Controller」を音源として読み込ます。

どこにいるか判らないという方は「Chanel Rack」の「+」から「More plugins」をクリック

画面下の「Find」に「Env」を入力します。

すると「Fruity Envelope Controller」が表示されますので、ダブルクリックで読み込めます。

「Rift Filter Lite」を開き、左上の▼から「Browse parameters」をクリック

 

ブラウザにパラメータの一覧が表示されますので、オートメーションしたいパラメータ上で右クリックから「Link to controller」をクリック

「Internal controller」の「Fruity Envelope Controller – Articulator 1」を選択し「Accept」をクリックします。

なお「Articulator 1」は下図の「1」の事です。

あとは「Tempo」をオンにしてエンベロープを作ります。

以上で完成です。

「Envelope Controller」についても記事を書いていますので宜しければこちらをどうぞ。

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方1
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方1 一昨日書いた「シンセのアタックを強調する」方法をFLStudioでも試そうと思って、「Envelope Controller」の記事を書いていない事に今更気付きました。 一昨日の記...
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方2
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方2 前回の記事はこちら 前回は「シンセのアタックを強調する」と効果が地味でしたが、今回は少し派手な効果を得られる方法の解説です。 Envelope Controllerで...
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方3
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方3 前回までの記事はこちら SerumのLFOの様なEnvelope Controllerの使い方 Serumに慣れている方ならEnvelope Contro...
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方4
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方4 ちょっともう少し「使い方3」としてエンベロープの記事書くのでLFOは「使い方4」とします。 前回の記事はこちら 今回はLFOの使い方です。 実際の効果はこんな感...
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方5
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方5 前回までの記事はこちら 今回はPatcherを使わないで「Envelope Controller」を使う方法です。 一応やり方だけご紹介しておきますが...
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方6
FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方6 前回までの記事はこちら 今回はMIDIノートでEnvelope Controllerを切り替える方法です。 Envelope Controller...

 

Rift Filter LiteのFL Studioでの使い方①まとめ

「Rift Filter Lite」とFLStudioは相性が良いですね。

あまりエフェクトをお持ちでないという方は「Rift Filter Lite」は無料で素晴らしいです。

次はもう少し「Rift Filter Lite」寄りの使い方を解説しようと思います。

コメント