FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方1

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方1

一昨日書いた「シンセのアタックを強調する」方法をFLStudioでも試そうと思って、「Envelope Controller」の記事を書いていない事に今更気付きました。

一昨日の記事はこちらです。

 

Serumでやってみたという記事はこちら

Envelope Controllerの概要

FL STUDIO | Envelope Controller

Fruity Envelope Controllerは、ピアノロールやライブキーボード/MIDI入力からモジュレーションターゲット(インターフェースのノブやスライダーなど)を制御するためのオートメーションデータを生成します。その他の内蔵オートメーション・コントローラーについてはこちらをご覧ください。注:エンベロープ・コントローラーがチャンネル・ラックにロードされると、オートメーション可能なコントロールの右クリック・ダイアログの「リンク・アサイン」メニューで、8つのアーティキュレーター・オプションとして表示されます。

オートメーションは、オートメーションソースの制御下にあるFL Studioやプラグインのターゲットパラメータを変化させます。Fruity Envelope Controllerのビデオチュートリアルはこちら。よく似たプラグインにFruity Keyboard Controllerがあります。

Envelope ControllerでVSTエフェクトをコントロールする

KiloheartsのMultiPassにしても、Serumにしても残念ながらVSTを使う事が出来ません。

しかしFLStudioなら「Envelope Controller」でVSTのパラメータをコントロール可能です。

FLStudioで「シンセのアタックを強調する」をやるとこんな感じです。

Sylenth1とRavage、Spacerecを使ってます。

「Envelope Controller」の効果有り、無しを切り替えています。

アタックに注目して聴いてみて下さい。

ではやり方の解説です。

FLStudioでシンセのアタックを強調する方法

「Patcher」を音源として読み込みます。

次に好きな音源と「Fruty Envelope Controller」をPatcher内で読み込みます。

そしてディストーションやサチュレーション系のプラグインも読み込みます。

ここでは「Sylenth1」と「Ravage」で解説をすすめます。

あとは以下の様に配線します。

「Fruty Envelope Controller」の設定

まず「Fruty Envelope Controller」の「Output」を作ります。

「Fruty Envelope Controller」の上で右クリックから「Outputs」->「Controllers」->「1.Articulator 1」をクリックします。

「Fruty Envelope Controller」の画面を開きます。

以下のようなアタックを強調するカーブを描きます。

モジュレートする対象VSTの設定

プラグインの上で右クリックから「Inputs」->「Parameters」からモジュレートしたいパラメータを選択します。

今回は「5.Driver」をモジュレートしますので、5.Driver」をクリック

赤い●が出来ますので、接続します。

 

動画を用意しました。

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方1まとめ

なんか全然使ってませんでしたが、これがあればかなり色々出来ますね。

ディストーションを使いましたが、サチュレーターやエキサイターの様なエフェクターを使う方法も良いかと思います。

色々試行錯誤して記事かいてきます。

 

コメント