FLStudioの使い方 一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる方法

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる方法

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

シンセをレイヤーで重ねる時に同じ動きなのにオートメーションそれぞれ作るの面倒ですよね。

オートメーションは複数のパラメータにアサイン可能です。

そしてその際に変化幅も調節出来るのでかなり使えるんです。

このGIF動画を見てみて下さい。

一つのオートメーションで二つのシンセのパラメータを動かしています。
(Resonanceは反転して動かしています)

では早速やり方を解説していきます。

一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる

まずは一つのオートメーションを複数のシンセに割り当てます。

適当なシンセを読み込んでください。

ここでは無料のDeducktionを使います。

まずオートメーションクリップを作成します。

左上の▼から「Browse parameters」をクリックします。

ブラウザにパラメータが表示されますので、オートメーションクリップを作成したいパラメータで右クリックします。

「Create automation clip」をクリックします。

この時GUIでパラメータを動かすと自動で選択されます。

次に二つ目のDeducktionを読み込みます。

先ほど同様左上の▼から「Browse parameters」をクリックします。

ブラウザにパラメータが表示されますので、オートメーションクリップを作成したいパラメータで右クリックします。

ここで先ほどとは変わり「Link to controller」をクリックします。

ここで「internal controller」から一つ目のシンセで設定したパラメータ名が表示されていますので、それを選択します。

「Accept」をクリックすれば設定完了です。

オートメーションを調整する

例えば二つのシンセに同じオートメーションを設定したけど、片方は少し変化を少なくしたいといった場合です。

あとは良くあるのはFilterのCutoffとResonanceを全く逆に動く様にする場合です。

解説していきます。

オートメーションの変化幅を変える

ここではオートメーションの変化が半分になるようにします。

以下のような感じです。

設定した時と同様に左上の▼から「Browse parameters」をクリックします。

ブラウザにパラメータが表示されますので、オートメーションクリップを作成したいパラメータで右クリックします。

二つのを設定した時と同様に「Link to controller」をクリックします。

「Mapping formula」の▼をクリックします。

「First half」をクリックします。

これで片方の変化幅が半分になります。

反転させる場合は「Inverted」を選択します。

FLStudioの使い方 一つのオートメーションで複数のシンセに割り当てる方法まとめ

これを知っておくとかなり時短になると思います。

Patcherでやる方法もあるのでそれは別の機会で書きます。

 

コメント