FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方3

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方3

前回までの記事はこちら

 

SerumのLFOの様なEnvelope Controllerの使い方

Serumに慣れている方ならEnvelope ControllerのLFOよりENV(エンベロープ)の方がイメージに近いと思います。

接続方法などは一番初めの記事を参考にして見て下さい。

多くの人がやりたいのはSerum等と同じ様な様々なカーブを描いたモジュレーションかと思います。

Envelope ControllerのENVを使うと以下の様な事が出来ます。

音源はSylenth1です。

 

ぱっと見るとADSRですが、以下の様にAtackを無くせばSerumのLFOを同じ様な感覚で操作出来ます。

右クリックでポイント追加、ドラッグでポイントを移動出来ます。

動画を用意しました。

 

少しエディットしてドラムやベースを足すとこんな感じです。

 

ループの設定

ループポイントを設定する事によりキーを押している間はその範囲をループさせる事が出来ます。

説明より以下の動画を見てみて下さい。

ループは設定した「Loop Start」と「Sustain」の間をループします。

 

設定は好きなポイントで右クリックから「Loop start」をクリックです。

 

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方3まとめ

Serumをお持ちで無い方はEnvelope Controllerを使えばSerumのLFOに近い事が出来ます。

あとSylenth1をお持ちで無い方はFLStudio標準付属のFLEXでも同じ事が出来ますので是非試してみて下さい。

次回はEnvelope Controller自体をもう少し掘り下げます。

コメント

Translate »