FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法1

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法1

管理人のyosiです。

結構良くあるのですが、お気に入りのDelayのタップ数が1と言う悲しい現実。

頑張ればSendとかで出来るでしょうが、はっきり言って超面倒で、パラメータ変えるのにも一苦労しそうです。

そんな時に便利なFLStudioのPatcherですね。

2、3回の記事に分けてPatcherのインターフェイスも作る所まで書いていきます。

という訳で今回は以下の内容でお送りします。

・FL付属のDelay 3を2タップにする

FL付属のDelay 3を2タップにする

簡単なのでササっと進みます。

まずPatcherをミキサーに起動します。

次に「Delay 3」を2つ追加します。

結線は以下の通りにします。

Delay 3の設定

「Delay 3」の設定はDryを「0」にする以外はお好みです。

一応上の動画で使った設定を貼っておきます。

以下のDelayタイムは「1/4」です。

以下のDelayタイムは「1/8 dotted」です。

FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法1まとめ

今回の例だとDelay 3を使いましたが、個人的に大好きなEchorecを使う事も出来ます。

オバサン入れたらかなり重いですが、音が滑らかになって良いです、

次回はパラメータ類のノブをSurface上に作って作っていきます。

 

スポンサーリンク
FL Studio
Chillout with Beats

コメント