FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方6

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方6

前回までの記事はこちら

 

今回はMIDIノートでEnvelope Controllerを切り替える方法です。

Envelope ControllerにはMIDI「Aarticulator」が8つあり、切り替えが可能です。

以下の様な感じです。

Serumでも出来ない(はず)なのでかなりのアドバンテージじゃないでしょうか。

MIDIノートでEnvelope Controllerを切り替える方法

まず簡単に仕組みを説明します。

MIDIノート毎に割り当てを行って、そのMIDIノートを受けた時は何番を鳴らすとういうようなイメージです。

解説ではPatcherを使います。
(Patcherを使わなくても出来ますが、使った方が判り易いです)

まずはPatcherを音源として読み込み中に音源と「Envelope Controller」を読み込みます。

「Envelope Controller」の上で右クリックから「Output」->「Controllers」->「Activate all」をクリックします。

 

今回音源側はCutoffをコントロールしますのでActivateしておきます。

全ての「Aarticulator」を「Cutoff」に接続します。

動画も用意しました。
(右クリックからの連続選択は右クリックで出来ます)

 

「Aarticulator」切り替え用に「MIDI out」を追加します。
(Patcher外です)

「Patcher」内で「From FL Studio」の上で右クリックから「Output」->「Event」->「MIDI port 0」をクリック

「From FL Studio」の「MIDI port 0」と「Envelope Controller」を接続します。

「Envelope Controller」の設定

あとは「Envelope Controller」の設定をしていきます。

切り替えるMIDIノートを決めます。
(MIDI port 0にしているので何でもOKです)

ここでは「C3」から半音ずつ上げていきます。

設定は「Aarticulator」の「1」を選択後、鍵盤の「C3」の上で右クリックです。

これを繰り返します。

判り辛いと思うので動画を用意しました。

あとは「Patcher」にはコード等を入力し、「MIDI out」にC3等のMIDIノートを入力すれば該当する「Aarticulator」の番号がトリガーされます。

 

FLStudioの使い方 Envelope Controllerの使い方6まとめ

かなり使えますね。

今はフィルターのカットオフにだけ掛けていますが、MIDI CCに対応していればどのパラメータでもモジュレート可能です。

何ならこれ使ってSerumをモジュレートすればかなり時短になるじゃないかと思います。

 

コメント

Translate »