FLStudioのMIDI CCをParametersに変換してくれるVFX Midi to ICの使い方

FL Studio
スポンサーリンク

ちょっと時間が全然取れないのでサラッと「VFX Midi to IC」の使い方解説です。

「VFX Midi to IC」のダウンロードインストールについては以下の記事を参考にして下さい。

この記事では「VFX Midi to IC」の使い方をご紹介します。

無料のCCStepperを例に解説していきます。

CCSteppeについても記事を書いていますので、こちらもどうぞ。

 

CCSteppeでGrossBeatを動かす

まず「Patcher」をエフェクトに読み込みます。

そして「CCSteppe」と「VFX Midi to IC」とMIDI CCで動かしたいプラグインを読み込みます。

ここでは「GrossBeat」を例にして進めます。

こんな感じになります。

MIDI outのPort設定

まずは「CCSteppe」に「MIDI out」のポート番号を設定します。

 

結線

それぞれ接続していきます。

以下の様な感じで接続します。

なお「VFX Midi to IC」はMIDI CCを受け取ると自動で出力を作成してくれます。

「CCSteppe」と「VFX Midi to IC」を接続したらFL Studioを再生してみて下さい。

これで「VFX Midi to IC」の出力が出来ます。

動画を用意しました。

 

あとは「CCSteppe」と「GrossBeat」をエディットすれば色々な効果が簡単に得られます。

なお上の動画の様にGrossBeatを動かす方法は以下の記事で書いていますので、こちらもどうぞ。

まとめ

「VFX Midi to IC」を使うとFL Studio付属のプラグインやMIDI CC未対応のプラグインの可能性が一気に広がります。

「CCSteppe」の他に個人的に推しているGateKeeperや最近リリースされた無料のGatelabでもMIDI CCを動かす事が出来ます。

 

コメント

Translate »