FLStudioのMIDI CCをParametersに変換してくれるVFX Midi to ICの紹介

FL Studio
スポンサーリンク

多分いままで多くのFL StudioユーザがMIDI CCをFLのNativeプラグインで操作出来ない事にがっかりした事でしょう。

一応頑張ってやる方法はあって、2つ記事を書きましたが、「VFX Midi to IC」より手間が多くスマートとは言えません。

しかしまさかオフィシャル以外の方のプラグインで解決できる日がくるとは思いませんでした。

FL Studioの掲示板で「VFX Midi to IC」というプラグインがアップされました。

これはまさにMIDI CCをParametersに変換してくれるFL用のプラグインです。

・VFX Midi to ICのダウンロード方法
・VFX Midi to ICのインストール方法

VFX Midi to ICのダウンロード方法

要FL Studioのアカウントです。

以下のリンクより遷移します。

ダウンロードはこちらから

fichtiさんという方がアップしている「VFX Midi to IC」をダウンロードします。

ダウンロード出来たら解凍しておきます。

VFX Midi to ICのインストール方法

インストールが少し特殊です。

まずFL Studioの「Plugins」フォルダを開きます。

VST Pluginフォルダではありません

判らない場合は「OPTION」から「Manage plugins」をクリックします。

左上の「FL Studio folder」に表示されているPathを開きます。
(フォルダアイコンをクリックすればダイアログが開いてPathをコピー出来ます)

「FL Studio folder」を開いたら「\Plugins\Fruity\Effects」まで開きます。

ここで「VFX Midi to IC」というフォルダを作ります。

そしてこのフォルダの中に「VFX Midi to IC_x64.dll」を入れます。

最終的には以下の様になります。

\Plugins\Fruity\Effects\VFX Midi to IC\VFX Midi to IC_x64.dll

あとはFL Studioでスキャンを掛けると認識します。

なお「VFX Midi to IC_x64.dll」を使うにはPatcherが必要です。

まとめ

使い方については後日書きます。

すぐ使いたいという方は作者のfichtiさんが動画を作ってます。

こちらを参照してみて下さい。

ある程度Patcherを使っている方ならこれで判るかと思います。

 

 

コメント

Translate »