【無料】AudioModernのクリエイティブ系のGateエフェクトGatelabの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

先日リリースされたばかりのAudioModernのGatelabの紹介です。

要は一時期はやったTrance系Gateの進化版と言ったら伝わり易いでしょうか。

ステップシーケンサの様な感じで分割した音量をコントロール出来ます。

この記事は以下の内容でお送りします。

・概要とダウンロード
・大雑把な使い方解説

 

AudioModernのGatelabの概要とダウンロード

概要

GatelabはCreative Gate Sequencer, Volume Modulation Generator and Beyondです。

様々なランダム化モード、密度値、フローまたはゲートモード、内蔵プリセットから選択できます。

Gatelabはパラメータのユニークな組み合わせをランダム化し、進化し続けるパターンと無限のリズミカルな効果を提供しています。

ダウンロード

ダウンロードはオフィシャルとPluginBoutiqueの2箇所から出来ます。

オフィシャルからダウンロードするにはアカウントが必要なので、PluginBoutiqueのアカウントをお持ちの方はPluginBoutiqueの方が良いです。

 

大雑把な使い方解説

結構機能が多いのでメインで使いそうな所だけ解説します。

Chordjamユーザは機能が似ている部分があるので、理解が速いかと思います。

モードの選択

Gatelabには2つのモードがあります。

Flow(ボリュームモジュレーションモード)とGate(ゲートシーケンサーモード)です。

違いは「Flow」だとスライダーで音量調節が出来るのに対し、「Gate」はスライダーがOn/Offのみです。

動画を見てみて下さい。

プリセットを使う

プリセットがパッと見どこにあるか判らないんですよね。

下図の赤枠部分をクリックするとプリセットを選択出来ます。

動画を用意しました。

 

ランダマイズ

ランダマイズは①の緑の丸をクリックする度にスライダーがランダマイズされます。

②はランダマイズモードの選択で左からシンプル、ノーマル、複雑から選択出来ます。

なお下図の赤枠の数字を上げると密度もランダマイズの要素に加える事が出来ます。

判り辛いので動画を用意しました。

 

まとめ

ゲートや音量のランダマイズはあまり良い効果が出難いかなという印象です。

無料なので機能が付いているだけでもありがたいので贅沢は言ってられませんが。

あとMIDI out機能が付いているようなんですが、色々試してもMIDI out出来ませんでした。

VST3はMIDI out機能が動作しませんでした。

VST2であれば問題無く使えます。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

Translate »