FLStudioの使い方 Slicexで2つのDeckを活用する方法

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 Slicexで2つのDeckを活用する方法

管理人yosi です。

少しSlicexネタを書いていこうかと思います。

この記事ではSlicexに搭載されている2つのDeckの活用方法をご紹介します。

SlicexはAとBで2つのループを扱える仕様です。

Deckは以下の部分です。

AとBがありますが、殆どの方はAのみ使っているのではないでしょうか。

以下の疑問を感じた事がある方は是非読んでみて下さい。

・Deckが2つ搭載されている意味あるの?
・「Deck B」ってどうやって操作するの?

Deckが2つ搭載されている意味あるの?

個人的には以下の様な使い方が1番メリットがあると思います。

・同じループをAとBに読み込み、Outputを分ける

 

同じループをAとBに読み込み、Outputを分ける

例えばドラムループのスライスの内、1か所だけ他のミキサーに割り当ててディレイをかけるという事をしたい場合。

以下の動画を見てみて下さい。

「Deck B」の13番目のスライス(スネア)を別のOutputに割り当てて、ディレイをかけています。

 

Deck Bってどうやって操作するの?

実際に操作方法を解説していきます。

 

「Deck B」にサンプルを読み込む

AとBをクリックするとDeckが入れ替わります。

Bをアクティブにした状態でサンプルをドラッグすれば「Deck B」にサンプルを読み込めます。

 

「Deck B」にスライスのMIDIノートをダンプする

これは単純に「Deck B」を選択した状態で「Dump」ボタンをクリックするだけです。

「Deck A」を選んでから「Dump」ボタンをクリックすると「Deck A」の情報で上書きされます。

 

「Deck B」のサンプルを鳴らす

「Deck B」にスライスのMIDIノートをダンプする方法

「Deck B」にサンプルを鳴らすにはピアノロールから色を変えて打ち込むだけです。

色が似ているので判り辛いですが、最初の動画では下図赤枠のスネアのみ「Deck B」を使っています。

「Deck B」の13番目のスライスの「OUT」を「1」にする事で、他のスライスと1つずれてミキサーに出力されます。

動画を用意しました。

「Slicex」は「ミキサー1」に割り当てていますが、13番目のスライスは「ミキサー2」に出力されます。

 

FLStudioの使い方 Slicexで2つのDeckを活用する方法まとめ

「Deck B」の使い方でしたが簡単だと思います。

でもまだ結構色々出来るので、その辺もまた書きます。

あと今回触れませんでしたが、ピアノロールの色で15(Deck A)と16(Deck B)でリバース出来ます。

ほんと便利ですね。

 

コメント

Translate »