FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法6(有料編)

プラグイン
スポンサーリンク

すっかりRegroover Proの存在を忘れていました。

Regroover Proはマルチアウトに対応しているので、KickやSnareを別々のミキサーにパラアウトすればMDrumReplacerが大活躍です。

Kickだけではなく、Snareも簡単に差し替え可能です。

FLStudioがあれば出来る無料編はこちらからどうぞ

無料編でも十分実用的かと思いますが、やはり有料プラグインはメリットも多いです。

ここの項目は後から追加すると思います。

完成形はこんな感じです。

最初はMDrumReplacerをバイパスして途中からMDrumReplacerを有効にしています。

 

Regroover ProとMDrumReplacerを使ってKickを差し替える

はっきりって超簡単です。

頑張れば以前無料配布されたRegroover Essentialでも出来ると思います。

同じループを2つのRegroover Essentialに読み込んでKickのみとそれ以外で別々のミキサーに出力すればよいので。

ここではRegroover Proを使って解説していきます。

Regroover Proの設定

まずはRegroover ProにKickやSnareはイマイチだけどそれ以外は良いループを読み込みます。

Regroover Proは読み込むだけで大体KickとSnareとそれ以外に自動で分けてくれます。

以下はLo-Fi系のサンプルパックのドラムループなので結構Kickが弱々しく感じです。

このKickを差し替えていきます。

まずはKickがどの「Layer」か探します。

目で見ても大体判りますが、それぞれの「Layer」をSoloで再生すれば簡単に判ります。

今回は「Layer 3」がKickでした。

Kickだけパラアウトしたいので、Outputを「OUT 2」に変更します。

FLStudioの場合は設定を変更しないとパラアウト出来ません。

今回の場合は1つだけパラアウトしたいだけなので「2.Rogroover…」を「1」に変更します。

これでKickのみパラアウトが出来ました。

MDrumReplacerの設定

KickをパラアウトしたミキサーにMDrumReplacerを読み込みます。

そしてKickを「DRUM LIBRARY」から適当に選びます。

緑色のマーカーは今回不要なので一番下まで下げます。

次に「Threshold MAX」を一番上まで上げます。

「Threshold」は無駄なトリガーが発生している場合は調整していきます。

動画を見てみて下さい。

最初は鳴らないでほしい所でKickが鳴ってしまっていますが、「Threshold」を上げることで必要なKickだけが鳴る様になります。

動画を撮りました。

これで完成です。

まとめ

ほんとRegroover Proの存在忘れてましたが、かなり有能です。

ループでちょっと雰囲気変えるならこの方法が一番楽かと思います。

Frequency Splitterを使う方法だとKickはまあいいのですが、Snareが結構面倒なので。

 

コメント