FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法4(有料編)

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法4(有料編)

FLStudioがあれば出来る無料編はこちらからどうぞ

無料編でも十分実用的かと思いますが、やはり有料プラグインはメリットも多いです。

今回はMelda Production MDrumReplacerを使います。
(今セール中ですのでお持ちで無い方おすすめです)

これ何が素晴らしいってドラムのライブラリがMeldaさんのドラム無料ライブラリを使えるんです。

ここの項目は後から追加すると思います。
(アイデアはあるので検証して出来る事を確認してから、追加します)

SlicexとMDrumReplacerを使ってKickを差し替える(前回の記事)
・Frequency SplitterとMDrumReplacerを使ってKick差し替える(本記事)

完成形はこんな感じです。

この方法だと普通のループ素材でもKickの差し替えが簡単に出来ます。

MDrumReplacerあり>なし>ありの順番で再生しています。

Frequency SplitterとMDrumReplacerを使ってKick差し替える

前回の方法だと綺麗に出来ますが、「Slicex」から鳴らすので、多少不便もあります。

そこで「Frequency Splitter」を使ってKickだけ他のミキサーに飛ばして「MDrumReplacer」を使ってKickを差し替えます。

この方法だとアレンジメントビュー上はただのループなので視覚性も良いです。

適当なドラムループをFLStudioに読み込んでおきます。

まず「Frequency Splitter」を「Mixer 1」に読み込みます。

サイドチェインを「Mixer 2」に設定します。

「Mixer 1」を選択した状態で「Mixer 2」の▲を右クリックし「Sidechain to this track」をクリックします。

「Frequency Splitter」を開き左から順番に以下の設定をしていきます。

この設定をすると「Mixer 2」に低音のみ送られるようになります。

・「SLOPE」を「96dB」に設定
・「BAND」を「2」に設定
・「MAIN OUT」の「LOW」を「OFF」に設定
・「SENDS」の「LOW」を「2」に設定

次に「Mixer 2」に「MDrumReplacer」を読み込みます。

「MDrumReplacer」と「Frequency Splitter」を開きます
(後から開く方は Alt キーを押しながらクリック)

「MDrumReplacer」の「DRY/WET」は「WET」100%にします。

「DRUM LIBRARY」をクリックし何でも良いのでKick系のサンプルを選択します。

この状態で再生しながら「Frequency Splitter」の「FREQ」を調整してKickの部分が綺麗になるようにします。

動画を用意しました。

あとはループに合う好きなサンプルを探しましょう。

お好みでエフェクトを掛けます。
(エフェクトが豊富で素晴らしいです)

動画を用意しました。

ドラムループのKick差し替えが出来ました。

FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法4(有料編)まとめ

ループでKickだけがイマイチって結構あるんですよね。

そしてもしPunchBOXBigKickXOをお持ちなら良い感じのKickに差し替えたくなりますよね。

ほんとMDrumReplacer素晴らしいですね。

コメント