FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法5(有料編)

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法5(有料編)

ちょっと書き忘れたので追加です。

FLStudioがあれば出来る無料編はこちらからどうぞ

無料編でも十分実用的かと思いますが、やはり有料プラグインはメリットも多いです。

今回はSlicexと外部のドラムマシンやKick系音源を使ってKickを差し替える方法です。
(Kick以外も出来ます)

こんな感じです。

動画は「差し替え後」>「差し替え前」>「差し替え後」>「Kick変更」の流れです。

 

SlicexとKick系音源を使ってKickを差し替える方法

では早速解説していきます。

やる事はSlicexのMIDI情報からKick部分のタイミングだけ抜き取り他の音源を鳴らすだけです。

ここではKickの音源はBigKickを使います。

Slicexを起動して適当なループを読み込みます。

必要に応じて以下の赤枠のボタンをクリックしてMIDIダンプをします。
(ループを読み込んだ時点で通常はダンプされます)

ピアノロールを開きKickのノート以外を削除していきます。

動画を用意しました。

Alt + 右クリックで音を聴けます。

KickのMIDIノートが取得出来ましたので、コピーしてBigKickに貼り付けます。
(他の音源でも基本やり方は同じです)

これで出来上がりです。

このままだとレイヤーになっています。

必要に応じてオリジナルのKick部分のMIDIノートを削除すれば差し替え出来ます。

低音がスカスカならレイヤーのままでも良いです。

あとはSlicexのFilterを使って低音部分のみカットする方法もあります。
(この方がHipHop系ループの場合自然になります)

詳しいSlicexのARTICULATORの解説は別途記事書きます。

ここは動画を用意しましたので参考にしてみて下さい。

FLStudioでドラムループのKickを差し替える方法5(有料編)まとめ

とりあえずこれでKick差し替え系の記事は最後の予定です。

MDrumReplacerを使ったスネア差し替え方法は書くかもしれません。

コメント

Translate »