AccusonusのRhythmiqでクラッシュを軽減する方法

プラグイン
スポンサーリンク

AccusonusのRhythmiqでクラッシュを軽減する方法

管理人の yosi です。

幾つかAccusonusのRhythmiqに関する記事で度々クラッシュする事を書いています。

しかし、なんと解決方法が判りました。

解決方法はバッファを1024サンプル以上にするとクラッシュ率が劇的に下がります。
(あとFixed Size Buffreも)

サポートに色々問い合わせして、この情報を貰い試したら、嘘の様にクラッシュしなくなりました。(全くクラッシュしなくなる訳では無いです・・・)

一応FLStudioでの設定方法も解説しておきます。

AccusonusのRhythmiqでクラッシュを軽減する方法

やる事は以下の二つです。

・Bufferサイズを1024に変更する
・Fixed Size Buffresを有効にする

 

Bufferサイズを1024に変更する

メニューの「OPTIONS」から「Audio settings」をクリックします。

オーディオI/Fによって異なりますが、ASIOのコントロールパネルを開きます。

BufferSizeを「1024」以上に変更します。

 

Fixed Size Buffresを有効にする

まず「Rhythmiq」を読み込みます。

左上の歯車アイコンから「Troubleshooting」をクリック

「Use fixed size buffers」をクリックします。

以下の様なメッセージが表示されますが「Yes」をクリックします。

既にPluginDataBaseに登録している場合は再登録しましょう。

AccusonusのRhythmiqでクラッシュを軽減する方法まとめ

私の環境だとこれでかなりクラッシュ率が下がりました。

正直言うとクラッシュはしないに越したことは無いのですが、フレーズ生成してレンダーすれば良いかなと思います。

前回の記事から大分時間がたってしまいましたが、近々応用編をアップします。

コメント