【無料】Jerryuhooの多機能マルチバンドディストーションFireの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

Jerryuhooの多機能マルチバンドディストーションFireのご紹介です。

着実にバージョンアップを重ねて進化を続けているプラグインです。

Fireは3バンドのマルチバンドディストーションで、それぞれのバンドに別々のディストーションをかける事が出来ます。

しかもディストーションの種類も多く、12種類から選ぶ事が出来ます。

鳴らしてみました。

GlobalエフェクトとしてEQとダウンサンプリングも搭載されています。

ダウンサンプリングかなり良いです。

 

概要

マルチバンドディストーションプラグインです。

フォーマット

Win

Mac

Linux

 

ダウンロード

ダウンロードは登録不要で出来ます。

上記リンクより遷移し、一番上の「Latest」がついているバージョンから自分が利用しているOSのファイルをダウンロードします。

インストール

解凍すると中に「Fire.vst3」ファイルがあるので、以下のフォルダに入れればOKです。

C:\Program Files\Common Files\VST3

 

まとめ

素晴らしいプラグインですね。

Fireも今年リリースされたプラグインの中でトップ5に入るプラグインじゃないかと思います。(なんかトップ5に入ると5回以上言っている気がします)

今後のアップデートは以下の内容を予定しているそうです。

楽しみですね。

  • 開くと自動更新チェック
  • マウスを縦にドラッグすることで、Ozoneやsaturn2のように出力音量を変更することができます。
  • VUメータとワイドエクスパンダーのグラフを滑らかにする
  • LFOコントロールの追加
  • メーターの最大入力/出力値の追加 (現在はRMS)
  • EQのマウスホイールによるQの変更、マウスクリックによる有効/無効の設定
  • コーラスエフェクトの追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました