VCV Rackの使い方 Rainbow(4ms’ Spectral Multiband Resonator )の解説

DTM
スポンサーリンク

VCV Rackの使い方 Rainbow(4ms’ Spectral Multiband Resonator )の解説

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

いつのまにやらVCV RackにRainbowなるモジュールが追加されていました。

Rainbowは実機の4ms’ Spectral Multiband Resonatorをベースに作られています。

まさに実機に手を出す前に知識を増やす上でとても勉強になるやつです。

かなり適当でも簡単にアンビエントが作れます。

マニュアル日本語訳(Goolge翻訳)

レインボーとは?

VCMSバーチャルモジュラーシンセサイザーシステムへの4msスペクトルマルチバンドレゾネーターユーロラックモジュールに基づくRainbow。

Rainbowのコアは、6つの共振バンドパスフィルターです。各フィルターは、20音の音階で制御されるチューニングで個別にチューニングされます。
フィルターは「奇数」フィルターと「偶数」フィルターにグループ化され、奇数フィルターは左から1、3、5番目のフィルター、偶数フィルターは2、4、6番目のフィルターです。

Rainbowは、モノラル、ステレオ、または6チャンネルの入出力を備えたポリフォニックです。
ほとんどすべてがユーザー制御可能であり、電圧制御はほとんどすべての制御に使用できます。

ユーザーは、元のSMRマニュアルを参照することをお勧めします。これは、元のハードウェアの詳細な説明を提供し、Rainbowに広く適用できるためです。

クイックスタート

POLY OUT出力をVCV Core Audioモジュールの最初の出力に接続します。

ノイズは、6つのフィルターすべてに対するものです。 NOISEスイッチを使用して、さまざまなノイズタイプを選択します。

GLOBAL Oコントロールを使用して、ノイズとサイン波の間を移動します。

トリガーソースをPOLY IN入力に接続します。これにより、フィルターが励起されます。
入力がゲートの場合、フィルターはゲートの開始時と終了時に励起されます。

SPREADコントロールを使用して、音階リングの周りに音符を移動します。
NOTEボタンを使用して、音階リングの周りで音符を回転させます。

オーディオの入出力

POLY INコネクタを使用して、入力オーディオソースをRainbowに接続します。ポリフォニックであり、入力ケーブルのアクティブなチャンネルの数に応じて4つのルーティングオプションがあります。

チャネル1がアクティブ:すべてのフィルターにルーティングされた単一のオーディオ。 MAIN LEDが赤く点灯します。

チャネル1-2がアクティブ:奇数フィルタにルーティングされたチャネル1と偶数フィルタにルーティングされたチャネル2。 O / E LEDが赤く点灯します。

チャンネル1-3アクティブ:フィルター1および2にルーティングされたチャンネル1、フィルター3および4にルーティングされたチャンネル2およびフィルター5および6にルーティングされたチャンネル3。O/ E LEDが緑色に点灯します。

チャネル1〜6がアクティブ:各チャネルは独自のフィルターにルーティングされます。 CH。
LEDが赤く点灯します。

入力がクリップすると、入力の左側にあるクリッピングLEDが点灯します。

入力が接続されていない場合、Rainbowは代わりに内部ノイズソースを使用します。 NOISEスイッチは、生成されるノイズのタイプ(白、ピンク、または茶色)を選択し、すぐ上のノイズLEDは、ノイズソースが使用されているかどうかを示します。

Rainbowからのオーディオ出力は、POLY OUTコネクタを介しています。これはポリフォニック出力であり、ジャックの下のスイッチから選択可能な3つの出力モードがあります。

メイン:モノラル出力、すべてのフィルター出力はケーブルチャンネル1にマージされます。

O / E:奇数チャンネルはチャンネル1に出力され、偶数チャンネルはチャンネル2に出力されます。

CH :各フィルターは個別のチャンネルに出力されます。

レベル

グローバルおよびフィルターごとのコントロールは、モジュールの出力レベルを設定します。 GLOBAL LEVELコントロールはすべてのフィルターに適用され、ダイヤルは最大2倍のゲインを可能にします。各フィルターには、レベルスライダーと、LEVEL CVモノ入力とPOLY LEVEL CV入力の対応するチャンネルの両方を使用した追加のレベル設定があります。フィルター出力に適用されるレベルは、次のように計算されます。

(グローバルレベル+グローバルレベルcv)x
(LEVEL cv + POLY LEVEL cv)x
スライダーレベル

LEVEL CVもPOLY LEVEL CVも接続されていない場合、入力は無視されるため、次のようになります。

(グローバルレベル+グローバルレベルCV)x
スライダーレベル
レベルCV入力は、-5V〜5Vのバイポーラ変調規格を使用します。

スライダーの横にある赤いレベルの三角形は、各チャンネルの最終レベルを示し、そのレベルはPOLY ENV出力のチャンネル7〜12に出力されます。
(範囲0Vから20V)。

CV SLEWコントロールはCVレベル入力にスルーを適用し、ポップやクリックを聞くことなく、レベル入力としてゲートとクロックを可能にします。

フィルターコントロール

Rainbowには、フィルターレゾナンスを設定するための2つのモードがあります。 GLOBAL Qコントロールは、すべてのフィルターのレゾナンスを設定します。 CHを押すと、フィルターごとにグローバルレベルを上書きできます。 0ボタン。オーバーライドされると、
レゾナンスの3つのコントロール、Q(RES)ダイヤル、モノラル入力とPOLY Q(RES)入力の対応するチャンネル。

Q CV入力は、-5V〜5Vのバイポーラ変調規格を使用します。

0 LEDは、Qレベルが増加すると、チャネルごとに0レベルの輝度が増加することを示します。 LEDの色は、右側の外側のLEDリングの色と一致しています。

フィルターには3種類あり、FILTERダイヤルで使用するフィルターを選択します。

・MaxQ /ワンパス(1—P)
・MaxQ / Two-Pass(2—P)
・BpRe

スケールリング

スケールリングと付属のコントロールは、フィルターのチューニング周波数を定義します。
スケールリングには、各フィルターの現在アクティブなノートが表示されます。 20の音符が1つのスケールに配置され、順番に銀行に属します。上の画像-デフォルト設定-「メジャー(ET)」バンクに属する最初のスケール(内側のLEDリング)からの6つの連続したノート(外側のLEDリングに表示)を示しています。

添付されたTRIGのNOTEボタン(指定された方向)を使用して、ゲート入力またはNOTE CVインプットノートをリングの周りでグループとして回転できます。

SCALEボタンまたはSCALE CV入力でスケールを選択します。 SCALE ROTの場合。ボタンが押され、音符がスケールの最初の音符(外側のリングの上部のLED)を通過すると、次のスケールに移動します(反時計回りに移動する場合は前のスケールに戻ります)

SPREADコントロールは、リングの周りにノートを配布します。 MORPHコントロールは、NOTEコントロールまたはSPREADコントロールを介して、リングの周りのノートの動きにスルーを適用します。これは、音符から音符に移動するときにフィルターのクリックを滑らかにするのに役立ちます。

外側のリングのLEDをクリックすると、スケール内のそのノートの周波数ブロックがアクティブになり、フィルターのチューニングに使用できなくなります。ブロックされたメモには赤いLEDの境界線があります。最大14個のノートをブロックできます。

プリセット

BANKコントロールで使用できるRainbowのスケールバンクは多数あります。これらはSMRのオリジナルプリセットです。メモの不快な変更を避けるために、ユーザーは新しいバンクを選択してからLOADボタンを押してアクティブにする必要があります。新しく選択された銀行は、銀行がロードされるまで名前の横にアスタリスクを表示します。モジュールの制限により、BpReフィルターでユーザースケールを選択することはできません。これを行うと、銀行は最後の互換性のある設定に戻ります。

Spectrum Expanderモジュールを使用すると、ユーザーはユーザースケールバンクを使用して、考えられる任意のスケールを指定できます。 Spectrumは、Rainbowのユーザースケールバンクに銀行を読み込みます。

Spectrumモジュールの詳細については、このドキュメントで後述します。

チューニングコントロール

NUDGEコントロールとP V / OCT入力は、フィルターチューニングに周波数オフセットを適用します。最大NUDGEは、1半音上または下です。 P V / OCT.rangeは-3.33V〜4.5Vです。 BpReフィルターモードでは、P V / OCT。入力はオクターブごとに1Vを追跡しませんが、オクターブごとに約2Vです。

1/135および6/246スイッチは、NUDGEおよびP V / OCTの場合に制御します。コントロールは、フィルター1(または6)のみ、またはすべての奇数(または偶数)チャンネルに適用されます。

P V / OCT。入力はポリフォニックです。その入力で1つのチャネルがアクティブな場合、その電圧オフセットは選択されたフィルター調整に適用されます(1/135または6/246設定に応じて)。 3つのチャネルがアクティブな場合、電圧は個別にフィルター調整に適用されます(135または246モードの場合にのみこれを行うのが理にかなっていますが)

TRANSPでフィルターのチューニングを1オクターブ上または下にトランスポーズできます。
ダイヤル。

LOCK

LOCKボタンはフィルターに見えます。フィルターがロックされている場合、NUDGE、P V / OCT。およびTRANSP。そのフィルターのコントロールは無視されます。

INV。 LOCKボタンとCVトリガーは、1/135の状態に応じて、フィルター1またはすべての奇数フィルター(または6またはすべての偶数フィルター)のロック状態を反転します

(6/246)スイッチ。

Auxiliary outputs

V / OCT。モノ出力は、フィルターチャンネルの1V /オクターブチューニングを送信します。同じことが、POLY V / OCTの対応するチャネルで送信されます。出力。 LEDは、緑で表されるOV / C4と比較したV / OCT値を表します。黄色から赤まではC4より下、シアンから青まではC4より上です。

GLISSボタンは、V / OCTにスルーが適用されるかどうかを制御します。およびPOLY V / OCT。出力。

ENV。モノラル出力は、全体の周波数コンテンツ/出力レベルを提供するフィルターチャンネルのエンベロープ信号を送信します。同じことがPOLY ENVの対応するチャネルで送信されます。出力。 LEDは、エンベロープの全体的なレベルを表します。

PRE FADERボタンは、LEVELコントロールを適用する前にエンベロープを出力するか、その後にエンベロープを出力するかを調整し、3方向スイッチでエンベロープのアタック/ディケイを決定します。

Tips

VCV FundamentalプラグインのMergeモジュールは、オーディオソースをRainbowに接続するのに最適です。

VCV FundamentalプラグインのSplitモジュールは、Audioを含むダウンストリームモジュールにRainbowを接続するのに最適です。

オーディオ出力は制限されておらず、入力オーディオ周波数がフィルター周波数と一致する場合に大きくなる可能性があります。 Bogaudio Pressorなどのコンプレッサーは、これを制御するための優れたソリューションです。

処理する必要がある入力と出力が多いほど、CPU使用率が高くなります。 CPU使用率が高く、将来の更新がCPU負荷の軽減に役立つことを認識しています。

コメント