Avengerの使い方 FLStudioでARPやSEQをMIDI出力する方法2

DTM
スポンサーリンク

Avengerの使い方 ARPやSEQをMIDI出力する方法2

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

前回の記事はこちらです。

前回の方法でフレーズを他のシンセで鳴らす事が出来るようになりました。

ただ、実際に曲を作る時、ワンフレーズだけ出来たって仕方ない訳で、バリエーションを作って曲として構成していく必要があります。

と言う事でちょっとタイトルと少し異なりますが、今回はArpの音程の変更方法をご紹介します。

Arpの音程の変更方法

まずはArpの音程を変えてバリエーションを作ります。

音程を変える方法は2つあります。

・DAWのシーケンサーから音程を変える
・Avenger側で音程を変える

DAWのシーケンサーから音程を変える

特に解説は要らないと思いますが、DAWのシーケンサで音程を変えれば鳴る音も変わります。

この方法が使い易いのはBassのArpで同じ音階のオクターブが鳴るパターンです。

プリセットだと「Bass」のカテゴリに多く存在する以下の様なパターンです。

全て「C」ですからMIDIノートでCを鳴らせばCが鳴ります。

要はMIDIノートと出力する音階は同じになります。

メリットはコード進行のルートをそのまま鳴らせば、ベースパターンが作れるという事です。

以下の動画を見てみて下さい。

コードのルートを鳴らしているだけですが、色々なベースパターンを試せます。

 

Avenger側で音程を変える

この方法はプリセットの中に使いたいパターンがあるが、少しだけ音程を変えたい場合に有効です。

AvengerのArpエディターはお世辞にも使い易いとは言えない為、多くの修正が必要な場合は、MIDI出力してから編集した方が効率的です。

音程を変える場合は下図の赤枠内を上下にドラッグすると音程の変更が出来ます。

オクターブを変える場合は、緑色の所をドラッグします。

全体を一音上下させる場合とオクターブ上下させる場合は以下のボタンです。

あと背景の灰色部分はベロシティです。

簡単な動画を撮りました。

Avengerの使い方 ARPやSEQをMIDI出力する方法2まとめ

はっきり言ってAvengerはフレーズシーケンサとして使えますね。

だからAvengerに色々なパターンを登録しておけば、曲作りの時短になると思います。
(ただ残念なことにMIDI等からAvengerへのパターンの登録は出来ないようです)

次回はFLStudioへMIDI出力して編集する方法をやります。

スポンサーリンク
DTM
Chillout with Beats

コメント