VCV Rackの使い方 色々なLFOパターンの作り方

Modular
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

LFOが欲しい時にあー動いて欲しい、こう動いて欲しいってありますよね?

と言うか私は多々あったので、まとめておきます。

 

 

対称的なLFOの作り方

結構対照的なLFOって良いですよね。

作り方は簡単です。

LFO-1の「UNI」、「BI」スイッチでも反転を作る事が出来ますが、対象的にするには二つLFOを用意しなくては なりません。

そこでAudible InstrumentsのUtilitiesを使うと一発です。

同じLFOから片方はUtilitiesの「IN」に接続して「SIGN」から出します。

もう片方はLFOから直接出せば対照的なLFOが作れます。

Utilitiesの解説は以下の記事を参考にして下さい。

無料で使えるVCV Rackの使い方⑭Utilities
VCV Rackの記事第十四回目です。 前回の記事はこちら 前回に引き続きおすすめモジュールを紹介します。 今回もMutable Instruments がベースとなったAudible Instrumentsです。 サラッといきます。 Uti...

 

LFOの振れ幅を調節する

比べられるように対称となるLFOも一緒に載せました。

これはAudible InstrumentsのMixerで簡単に出来ます。

MixerのINの一番上に入れて、一番したで出します。

そうすると三つのノブでCVの増減をコントロール出来ます。

振れ幅を大きくしたり小さくしたりすることが出来ます。(便利!)

 

CVで動かしているパラメータがどれ位動いているか判らない時があります。(耳がたより)

そんな時Mixerを挟んでやると簡単に調節が出来て良いです。

Mixerの使い方は以下の記事を参考にして下さい。

無料で使えるVCV Rackの使い方⑮Mixer
VCV Rackの記事第十五回目です。 前回の記事はこちら そろそろまとめページを用意しないと。 前回に引き続きおすすめモジュールを紹介します。 今回もMutable Instruments がベースとなったAudible Instrument...
スポンサーリンク

LFOのプラス部分(マイナス部分だけ)使う方法

これを上手く使うとダッキングとかできます。

やり方はまたしてもAudible InstrumentsのUtilitiesです。

INに入れて左下のOUTから出します。

反転させる場合は、もう一つUtilitiesを用意してSIGNから出してやると反転します。

LFOをBPMに同期させる方法

これも簡単です。

Frozen Wastelandの「BPM LFO」を使うと簡単に同期します。

ClockにBPM ClockをいれてやればそのBPMに同期します。

速度も結構自由に変更が可能です。

基本的なサイン波、三角波、ノコギリ波、パルス波と容易されています。

DAWとの同期方法は以下の記事を参考にして下さい。

VCV Rackの使い方 DAWと同期させる方法
VCV Rackの使い方 DAWと同期させる方法 Chillout with Beats の yosi です。 VSTに対応しているのにDAWと同期出来ないの?と聞こえてきそうですが、残念ながら何もしなければ同期しません。 そもそもVSTに対応していると...

まとめ

個人的にはこの辺の使い方が判るとイメージした音作りがし易くなると思います。
(最初このLFOこうしたいのにどうすればいいんだ!ってあれこれ試してましたから)

そういえばアナザースカイでモーリーさんがモジュラーを「電圧で音楽を作る」と表現していたのがなんかとても気に入りました。(多分そう言われてきたのでしょうが、私は初めて聞いたので)

 

コメント