VCV Rackの使い方 VultModules Leakage解説

Modular
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

VCV Rackの使い方 VultModules Leakage解説

Chillout with Beats の yosi です。

最近VCV Rackネタを書いてませんでしたので、久びりに書いてみます。

というのもサンプル&ホールドネタを書いてVCV RackだとUtilities(Kinks)以外だと何があるかと気になってので調べてみました。

どうやらVultModules Leakageで出来るということなので解説していきます。

Vult Leakage: Overview

VultModules LeakageのGoogle翻訳

VultModules Leakage概要

漏れは多目的電圧プロセッサです。 Fluxの単一ラインですが、いくつかの改善があります。次のように使用できます。

  • ゲインコントロール
  • オフセット
  • サンプル&ホールド
  • スルーリミッター(線形および指数)
  • エンベロープフォロワー
  • ノイズジェネレーター
  • ゲート

VultModules Leakageのパラメータの解説

  • Range: 入力信号(またはノイズ)を0xから2xに減衰/増幅します。
  • Offset: 入力信号に-5V〜5Vの定電圧を追加します。

GIF動画を撮りました。SCOPEの赤線はLFO直で、青線がLeakageのOUTです。Rangeは増減で、Offsetは軸をずらす事が出来ます。

  • Follower:
    • Lin: T出力信号は、「レート」ノブで定義されたレートで入力信号に直線的に近づきます。
    • Exp: 出力信号は、「レート」ノブで定義されたレートで入力信号に指数関数的に近づきます。
    • Env: エンベロープフォロワーでは、出力信号は入力信号のエンベロープに指数関数的に近づきます。
  • Rate: フォロワーが反応する速度(または時定数)を定義します。
  • In: 入力信号。接続を解除すると、漏れによりノイズが発生します。
  • Clk: S&Hをトリガーするために使用される信号。切断されると、S&Hはバイパスされます。
  • Out: 処理された信号の出力。

VultModules Leakageの使い方ポイント

VultModules Leakageは「IN」に何も接続していない状態だと「OUT」からノイズを出力します。(ノイズジェネレーターとして動作)

VultModules Leakageの「IN」に信号が入ると、その信号をそのまま出力します。

Rangeでゲインの増減が出来ます。
(ゲインコントロール)

VultModules Leakageの「CLK」にClockを入力するとサンプル&ホールドとして動作します。

シーケンサーが無くてもシーケンスを走らせることが出来ます。

「GATE」は入力があった「IN」

 

VCV Rackの使い方 VultModules Leakage解説まとめ

サンプル&ホールドだと普通のシーケンサーでは出ない音の感じになりますね。

ランダム性が強いですが、「Quantizer」を使うとスケールを合わせる事が出来ますので、曲の中で使う事も出来るかと思います。

 

コメント