Output ArcadeをNKSに対応する方法

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Output ArcadeをNKSに対応する方法

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

まあ何と言いますか、毎度他人任せではございますが、NKS対応が出来るお話でございます。

今回はコメントでSGRさんよりOutput ArcadeのNKS対応をしました!と言うお話を頂きましたので、こちらでご紹介します。

SGRさんありがとうございます。

かなり頻繁に更新されているのでどんどん使えるKitが増えています。

私もPresetMagicianでも買ってNKS対応して配布しようかな。

自分でNKSが作れるPresetMagicianの記事はこちら

あとOutput Arcadeについてはかなり詳しくレビュー記事を書いていますので、こちらを参考にしてみて下さい。

Output ArcadeをNKSに対応する

まずNKSに対応させる為のファイルをダウンロードします。(2020年1月版)

最新版のチェックはこちらのスレッドを見て下さい。

ダウンロード出来たら解凍します。

中身は以下の通りです、素晴らしい事に既にSGRさんのNKSを導入している方はアップデートされた差分も別に用意されています。

 

NI Resources

「dist_database」と「image」をコピーします。

以下のフォルダを開いてに貼り付けます。

Windows: C:\Users\Public\Documents\NI Resources
MAC: /Users/Shared/

 

User Content

「Presets」を開き、中の「Arcade」をコピーして以下のフォルダに入れます。

場所を変えている場合は変えた場所を指定します。

[USER]の部分はユーザ名によって異なります。

WIN: C:\Users\[USER]\Documents\Native Instruments\
MAC: Users/[USER]/Documents/Native Instruments/

以上で完了です。

ArcadeをNKSでMaschineから使う場合

Maschineを起動し、「File」->「Preferences」->「Library」を開きます。

「User」をクリックし、「Rescan」をクリックします。

Maschineのブラウザから「Instruments」をクリックし、「ユーザ」アイコンをクリックします。

以下の様にArcadeが認識されます。

そして大量のプリセットも表示されます。

しっかりType分けされているのもありがたいですね。

注意点はArcade側でダウンロードしていないサンプルはMissing扱いになり、音が鳴りません。

先にダウンロードしてから使いましょう。

Output ArcadeをNKSに対応する方法まとめ

Arcadeは全然Maschineから使っていなかったのですが、プレビューも鳴るのでかなり使い勝手が上がりますね。

面倒な作業をやって下さいったSGRさんには本当に感謝です。

 

コメント

  1. SGR より:

    yosiさん

    記事にしていただいて、ありがとうございます。めっちゃ嬉しいです!!

    すでにご存知の可能性高いと思うのですが、もしお役に立てば。。。
    自家製NKSを「sounds.com」のフォルダ(KKかMaschineのPreferenceからパスが見れます)にプリセットフォルダをぶちこむだけで、Factory Presetsとして認識されます。NI Resourcesの方は変わりありません。公式NKSのpluginと一緒に並ぶので、とても便利っス。

    他にもレジストリを書き換えるやり方もあるそうなのですが、自分には難易度高くて無理ですw

    ↓↓↓詳しくはこの人が書いてくれています↓↓↓
    https://freelancesoundlabs.com/index.php/articles/item/267-how-to-migrate-your-komplete-maschine-user-library-to-factory-library

    • yosi より:

      SGRさん
      いえいえ、喜んでもらえて良かったです!

      なんと「sounds.com」のフォルダに入れればFactory Presetsとして認識するとは知りませんでした!
      やってみます。
      なんとかならないかなーとは思っていたのでとても助かりました!
      ソース情報もありがとうございます!
      詳しく読んでみます。