FLStudioのHarmorでボーカルリシンセシスのやり方1

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのHarmorでボーカルリシンセシスのやり方1

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

題名からはちょっと想像しずらいかもしれませんが、要は以下の動画の解説です。

FL Studio Guru | Harmor Vocal Resynthesis

実際にやってみるとこんな感じになります。

単純にHarmorに読み込むだけではなく、下準備が必要です。

ボーカルをHarmorに読み込む準備

ボーカルの下準備としてピッチを一定にします。

ではボーカルを用意してFLStudioに読み込みます。

最初は2小節か4小節が良いです。(プリセットが存在する為)

あと最初にボーカルのBPMにマスターを合わせてから作業するとやりやすいかと思います。

もし前後に無音部分がある場合はEdison等を使いトリムしましょう。

波形が表示されている所で右クリックから「Edit in pitch corrector」をクリックします。

MixerにNewToneが起動してオーディオファイルが読み込まれます。

NewToneが起動したら Ctrla で全て選択します。

そして鍵盤のC5をクリックします。

これで全ての音程がC5になります。

好みに応じて右上のCenterノブ、Variationノブ、Transノブを調節します。

Centerノブを最大、Variationノブ、Transノブを最小にするとC5にピッタリ合いますが、合わせすぎると不自然さが増します。(この辺は好みです)

 

ボーカルをHarmorに読み込む

Harmorを起動します。

プリセットから「Template」->「Song synced resysthesis(2 bars)」をクリック
(2小節なら2barsで4小節なら4barsのプリセットを選びます)

以下のNewToneのアイコンからHarmorのイメージウィンドウにドラッグアンドドロップします。

これでテンポ同期するボーカルシンセ?が出来ました。

 

FLStudioのHarmorでボーカルリシンセシスのやり方1まとめ

面白いですね~

ちょっと面倒ですが、ボコーダーとは全然違うけどボコーダーの様に音程を変更出来るのは良いですね。

次回は音が変わるパラメータや2小節、4小節以外の場合等の解説です。

 

 

コメント