Minimal AudioのRift Feedback Liteの使い方

プラグイン
スポンサーリンク

Minimal AudioのRift Feedback Liteの使い方を解説していきます。

ダウンロードについてはこちらの記事を参考にして下さい。

使い方ですが、大きく分けると「TUNED」と「TIMED」の2つがあります。

「TIMED」はいわゆるDelayなので解説はしません。

この記事では「TUNED」に絞って解説していきます。

Minimal AudioのRift Feedback Lite(TUNED)の使い方

「TUNED」には3つのモードがあります。

それぞれマニュアルの日本語訳を入れつつ解説していきます。

MIDI

MIDI: FEEDBACKはRiftに送信されたMIDI音を追跡します。
FREQUENCYは、これらの音を半音単位で移調します。

MIDIノートで「FREQUENCY」を半音単位で動かすことが出来ます。

ですからフィードバックの音で演奏が可能です。
(単音のみ)

「FEEDBACK」と「FEEDBACK MIX」を調整する事で、音質を変える事が出来ます。

 

一応設定方法も載せときます。

MIDIでの操作方法

「MIDI out」を追加します。

「MIDI out」はデフォルトで問題無いです。

「MIDI out」のピアノロールにMIDIノートを入力します。

「Rift Feedback Lite」を開きます。

歯車アイコンから「MIDI」の「Input port」を「0」に設定します。

これで設定は完了です。

TUNE

TUNE:FREQUENCYを特定の音に設定します。

「FREQUENCY」のパラメータは半音単位で動作します。

「MIDI」モードとは「FREQUENCY」の範囲が異なります。

「MIDI」はD0からD6までですが、「TUNE」はC-1からC7までです。

使い方ですが、「FREQUENCY」を「Fruity peak controller」やオートメーションクリップで揺らす事でフランジャーの様な効果を作る事が出来ます。

 

また「Fruity peak controller」でランダムLFOを利用してランダムな音階を鳴らすといった事が出来ます。

この場合、不協和音が鳴る可能性もありますので、「FREQUENCY PITCH SNAP」機能を使うと特定の音階のみ鳴らす事が出来ます。

設定は右下の鍵盤をクリックすると音階が表示されるので、鳴らしたくない音階をクリックします。

以下の例だと白鍵のみなります。

少し工夫するとこんな感じに出来ます。

 

CONB

COMB:コムフィルター効果を得るためのFREQUENCYをHzで設定します。

他の2つのモードとは異なりHzで「FREQUENCY」を設定します。

使い方は「TUNE」と同様に「Fruity peak controller」やオートメーションクリップで動かすと良いかと思います。

動画を用意しました。

 

まとめ

結構機能が詰まっていて良いプラグインです。

ただLFO等を搭載していないので、外部で用意する必要があり面倒です。

だから製品版を買ってねと言う事だと思うのですが、あと一声安くなって欲しいもんです。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました