【無料】BigfishAudio Momentumのスライサーとしての使い方1

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】BigfishAudio Momentumのスライサーとしての使い方1

管理人 の yosi です。

Momentumはスライサーとしてとても優秀です。

独自エフェクトも搭載していますので、単体で結構音作りも出来ます。

今回はスライサーの基本部分の解説です。

Momentumをスライサーとして使う

初期設定

Momentumをスライサーとして使うには画面左下の「SLICE」をクリックします。

このままだと鍵盤を押した際に最後まで再生されてしまいます。

「Mode」を「SHOT」に切り替えます。

これでスライサーとして使う準備が出来ました。

MIDIダンプ

MIDIダンプをするには以下のアイコンをチャンネルやピアノロールにドラッグアンドドロップします。

動画を用意しました。

スライスを調整する

スライスを調整する場合は、「SLICE」をクリックします。

この状態だとマーカーを自由に動かす事が出来ます。

削除する時は対象を選択して、Delete キーです。
たまに消えずらいので、その場合はマーカーを動かしてから、Delete キーを押すと消えます。

そしてマーカーを新たに追加する場合は、ダブルクリックです。

 

マーカーをグリッドに吸着させる

「Option」の「SNAP SLICES TO GRID」をOnにするとグリッドに吸着します。

拍数に合わせてスライスする

拍数に合わせてスライスする場合は、「GRID」から選択します。

【無料】BigfishAudio Momentumのスライサーとしての使い方1まとめ

自動スライス機能の調整が出来ない所が不便ですが、それ以外は優秀です。

次回はエフェクト部分の解説をしていきます。

スライス単位でエフェクトが掛けられるのはかなり便利です。

コメント