KiloheartsのPhase PlantにWaveTableを追加する方法

プラグイン
スポンサーリンク

KiloheartsのPhase PlantにWaveTableを追加する方法

WaveTableの追加方法シリーズです。

お持ちの方は是非やってみて下さい。

音色エディットの幅がかなり広がります。

オシレーター2つしか使っていませんが、色々な音が出せます。
(エフェクトもかなり良いんですよね)

では早速解説していきます。

Phase PlantにWaveTableを追加する

やり方は2種類ありました。

・WaveTableのフォルダに追加する
・Wavetable Editorにドラッグアンドドロップする

 

WaveTableのフォルダに格納する

追加の仕方は簡単です。

WaveTableオシレーターの右下をクリックします。

ブラウザが開くので一番下の「Add location」をクリックします。

ダイアログが開くので、WaveTableが格納されているフォルダを選択します。

なおフォルダは階層になっていてもWaveTableを辿れます。

Serumをお持ちの方は「Serum Presets」内の「Table」フォルダを選択すると良いです。

これでSerum標準のWaveTableはもちろん、Userフォルダ内の自分で追加したWaveTableもPhase Plantから選べるようになります。(超便利!)

 

Wavetable Editorにドラッグアンドドロップする

はっきり言って、前者の追加方法が便利なので、こちらを使う意味は殆どないです。

ただWavetable Editorを使ってWavetableをエディット出来るのでご紹介しときます。

Wavetable EditorはWaveTableオシレーターの鉛筆アイコンをクリックすると開けます。

開いたエディターにWaveTableをドラッグアンドドロップすれば読み込めます。

このWavetable Editorはまだ殆ど使っていませんが、結構魅力的な機能が搭載されています。

特にオフラインでのエフェクト処理はSerumには搭載されていない機能かと思います。
(総合的に判断するとまだSerumのWaveTable Editorの方が優秀かと思いますが)

KiloheartsのPhase PlantにWaveTableを追加する方法まとめ

Phase Plantは一見使い辛そうに思いましたが、慣れてくると使い易いかもしれません。

WaveTableの追加も楽でSerumのWaveTableを格納している場所をそのまま指定出来るのは素晴らしいです。

今後増えてもSerumに追加すれば自動でPhase PlantのWaveTableも増えるので一元管理出来て良いです。

コメント