FLStudioの使い方 PatcherとReaktorを使ってVST切り替え器を作る

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 PatcherとReaktorを使ってVST切り替え器を作る

アイデアが浮かんでちょっと面白そうなのでやってみました。

以前Reaktorでエフェクトを切り替えるという事をやりましたが、そのエフェクト部分を好きなVSTエフェクトでやってみようという事です。

これは我ながら良いもんが出来たと思います。

単体のエフェクトではまず出来ませんし、VSTですのでバリエーションはほぼ無限大と言えるかと思います。

 

早速やり方を解説していきます。

まず「Patcher」をミキサーに読み込みます。

「Reaktor」と好きなエフェクトを幾つか読み込みます。

 

「Reaktor 6」を開き「Patch」をクリックします。

「Sequential Switch」を読み込みます。

 

ReaktorのInputを増やす

「Audio In」の「ADD」をクリックして「Input」を増やします。

Inputの数はエフェクトが3つなら合計6つになる様にします。

次にPatcher側でReaktorのInputの数を増やします。

「Reaktor」の上で右クリックから「Inputs」->「Audio」->「Add one」をクリック

切り替えるプラグインの数だけ繰り返します。

「Reaktor」を開き左上の歯車アイコンをクリック

「Processing」の「Auto map inputs」をクリック

後は下図のようにワイヤーを接続します。

Inputはステレオですが、「Sequential Switch」はモノラルです。

動作確認

全てのインプットからちゃんと音が鳴るか確認します。

動画を用意しました。

 

要はそれぞれミュートしながら「Sequential Switch」を手動で切り替えて全てのInputで音が鳴っているか確認します。

「Gate」を接続していない状態で下図赤枠をクリックするとインプットを切り替え出来ます。

 

FLStudioの使い方 PatcherとReaktorを使ってVST切り替え器を作るまとめ

これは非常に素晴らしいです。

ReaktorのRackは敷居が低く、Patcherを使う事で色々な可能性を感じます。

PatcherとReaktorはかなり相性が良いです。

今回モノラルでしたが、ステレオでも出来るはずなので、その辺も記事にしようかと思います。(少し試した感じだとランダムはタイミングがずれてしまう為、難しいかもしれない)

 

 

スポンサーリンク
FL Studio
Chillout with Beats

コメント