FLStudioのPatcherでマルチバンドモジュレーションを作る

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでマルチバンドモジュレーションを作る

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

Patcherマルチバンドシリーズです。

今回はマルチバンドモジュレーションです。

低い周波数帯ってステレオにすると気持ち悪い時ありません?

そんな時はマルチバンドで低い周波数帯はモノラルにすると良いです。

では早速作っていきます。

Patcherマルチバンドの元を作るには以下の記事を最初に読んで下さい。

 

好みのモジュレーションエフェクトを追加する

モジュレーションは好みのもので構いません。

ただ色々設定出来るプラグインよりLittle MicroShiftTAL-Chorus-LXの様なシンプルなプラグインの方が使い易いです。
(Patcher内だと少しパラメータを変更するのも結構手間になる為)

ここでは少し前のセールで手に入れたLittle MicroShiftを使って解説していきます。
(SoundToysのLittleシリーズはセールでゲットする事をおすすめします理由はこちら

Patcherを読み込んでプリセットから以前作ったMultiBandGrossBeatを開きます。
(Digitsは向かないので、ノブの方を使いましょう)

GrossBeatを削除し、Little MicroShiftを3つ追加し、結線します。

簡単ですが、一応Gif動画を用意しました。

Lowバンドをモノラルにする

次にLowバンドにPatcherを追加します。
(モノラルに出来るプラグインであれば何でも良いです。)

モノラルに出来るプラグインをお持ちでない場合、先に以下の記事でPatcherでモノラルにするプリセットを作って下さい。

プリセットからMonoMakerを開きます。(注:上記記事で作った時のプリセット名)

あとはLittle MicroShiftのパラメータをノブに割り当てます。

今回はDRY/WETを割り当てます。

GIF動画ではちょっと見切れてますが、割り当てるパラメータは「Imput」の「3.Mix」です。

以上で完成です。

FLStudioのPatcherでマルチバンドモジュレーションを作るまとめ

マルチバンド系はほんと使い道が多いので、テンプレ保存しておいた方が良いです。

あとうれしいのはLowバンドとMidバンドの敷居を自由に変更出来る為、ソースに合わせてLowバンドでモノラルにする事が出来ます。

スポンサーリンク
FL Studio
Chillout with Beats

コメント