VCV Rackのモジュールが使えちゃうプラグイン Cardinalの使い方①

使い方
スポンサーリンク

VCV Rackのモジュールが使えちゃうプラグイン Cardinalの使い方①

今日は昨日紹介記事を書きましたCardinalの使い方を少し書いていきます。

Cardinalは読み込んだ状態で音が出る状態なのでそこからモジュールの入れ替えを行う方法をまずは解説していきます。

モジュールを入れ替えた状態で鳴らしてみました。

リバーブも全てCardinalで鳴らしているだけです。

ドラムを足して外部リバーブ等を追加して鳴らしてみました。

簡単にモジュールを変更して音を鳴らす方法

まず「Cardinal Synth」を読み込みます。

この状態でもMIDIノートを送ればサイン波のシンプルな音がなります。

モジュールの追加

今回はAudible InstumentsのBraidsクローンMacro Oscillatorを使ってみます。

このモジュールのハードは既に販売終了していますが、未だに人気があります。

モジュラーラックの中で見かける事が多いモジュールだと思います。

SoftubeからもModular内で使えるモジュール(オフィシャル認定)が出ています。
(オフィシャル認定だけあり、クオリティがかなり高いです)

Softube版のBraidsに関してはかなり詳しく記事を書いています。

VCV Rack版だと以下です。

モジュールの追加は右クリックすると一覧が表示されます。

1,000近いモジュールあるのでフィルターを掛けて目的のモジュールを探していきます。

テキストによる部分一致フィルターの他、デベロッパー名とタグ名でフィルターを掛ける事が出来ます。

今回はタグ名で絞り込んでいきます。

動画と画像と両方用意しました。

 

「Tags」から「Hardware clone」を選択します。

ずらっとなんか良い感じのモジュール達が表示されます。
(ハードウェアのクローンなので見た目も良いですね)

左上にあるモジュールをクリックします。

これで目的のモジュールが読み込まれます。

あとリバーブも追加します。

今度は「Tags」から「Effect」を選択します。

そして左下の「Plateau」をクリックします。

あと同じく「Effect」にある「CHOW Der」をクリックします。

これで3つ追加されました。

結線

それでは結線していきます。

まずは動画から

 

まず既存のケーブルを「Macro Oscillator」に繋ぎ変えます。

「Host MIDI」の「V/Oct」と「Macro Oscillator」の「V/Oct」を繋ぎます。

次に「VCA」の「IN」に接続されているケーブルをドラッグアンドドロップで削除します。

「Macro Oscillator」の「OUT」と「VCA」の「IN」に接続します。

次に「Cardubal」の「IN/M」をドラッグアンドドロップで削除します。

「VCA」の「OUT」と「CHOW Der」の「IN」を接続します。

「CHOW Der」の「OUT」と「Plateau」の「IN」を接続します。

「Plateau」の「L OUT」「R OUT」を「Host Audio」の「Left/M」と「Right」に接続します。

これで音が出る状態になりました。

色々パラメータを変更してみて下さい。

まとめ

VCV Rackのモジュールをプラグインとして使えるのはほんと素晴らしいですね。

VCV Rack 2 Proは$149と手軽に購入出来る金額ではないのでCardinalで十分使ってから購入を判断すると良いんじゃないかと思います。

VCV Rack 2の方がモジュール数が多いですし、有料のモジュールも数多く存在していますので、深く使おうと思うと自ずとVCV Rack 2 Proを購入する事になるんだと思います。

しばらくCardinalの使い方を書いていきます。

スポンサーリンク
使い方
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました