VCV Rackのモジュールが使えちゃうプラグイン Cardinalの使い方③

使い方
スポンサーリンク

概要

少し間が空きましたが、Cardinalの使い方です。

前回までの記事はこちらからどうぞ。

今回は以下のやり方です。

・DAWのBPMにシンクさせる(本記事)
・シーケンサーの出力を音階に合わせる(次回以降)
・DAWからパラメータをオートメーションする(次回以降)

とりあえずはこんな感じです。

ただこれだと音階になっていないので、普通の曲には使えません。

ですから、次回以降の記事で以下のような感じにしていきます。

 

DAWのBPMにシンクさせる

DAWから使うとなるとやはりBPMシンクしたくなりますねよ。

ホストのクロックを伝えてくれる「Host Time」を使います。

具体的な使い方をシーケンサー「16-step Sequencer」(以降16STEP-SEQ)を使って解説していきます。

デフォルトの「Cardinal Synth」を起動した状態からシーケンサを追加してDAWのBPMに同期させる方法です。

モジュールの追加

Host Time

追加する場合は右クリックから左上のテキストボックスに「Host Time」と入力すると楽です。

 

16STEP-SEQ(16-step Sequencer)

右クリックから左上のテキストボックスに「16」と入力して追加します。

以下のようになります。

モジュールの結線

それでは結線していきます。

まず「Host Time」はDAWのBPMと同期したクロックを出力してくれます。

ですから、「Host Time」の「Step」を「16STEP-SEQ」の「Ext Clk」に入れてばOKです。

「Beat」だと4分、「Step」だと8分のタイミングでクロックが出力されます。
(BPMに合わせるなら4分)

あと「Playing」を「RESET」に接続します。

これはDAWのスタートとシーケンサーのスタートを揃える為です。

次にノブを適当に動かして音階を作ります。

この時下のLEDを点灯させます。
(このLED点灯をやらないとGate出力してくれません)

そして「VCO」の「V/OCT」を「16STEP-SEQ」の「ROW 1」に接続します。

「ADSR」の「GATE」を「16STEP-SEQ」の「GATES」に接続します。

これでDAWを再生して見て下さい。

微かに音が鳴るかと思います。

ADSRのアタックが弱いので、サイン波出力だとかなり弱弱しくなります。

ですから「ADSR」の「ATK」を最小にして、「VOC」の出力を「SINE」以外にして見て下さい。

 

まとめ

音はなりますが、音階になっていないので、使い道がかなり狭くなります。

次回はこういう時に使うクオンタイザーについて解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
使い方
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました