【無料】AegeanmusicのピッチシフトプラグインPitchproofの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】AegeanmusicのピッチシフトプラグインPitchproofの紹介

さてさて大分落ち着いてきました。
(と言うか普段は考えないように生活出来るようになりました)

徐々に受け入れていくしかないのだと思います。

さてさてこのプラグインは非常に優秀です。

まずレイテンシーが発生しない為、ギター等でリアルタイムでも使えます。

またキーを合せてハーモナイズする事も出来ます

こんな感じです。

 

この記事では以下の内容でお送りします。

・Pitchproofの概要
・Pitchproofのダウンロード方法
・Pitchproofの簡単な使い方

Pitchproofの概要

PitchProof Demo – An Old School Harmonizer Pitch Shifter Pedal Plugin
Pitchproof Keyboard to Pitch Routing demo and instructions VST plugin pitch shifter guitar effect

Pitchproofは、入力のピッチをシフトさせることができる無料のオーディオプラグインです。このエフェクトは、古いスタイルのピッチシフティングと、最新のプラグインに期待される品質を組み合わせたものです。その結果、ギターハーモナイザーペダルの優れた点のほとんどを備えたピッチ「ペダル」シミュレーションとなり、信号の完全性を維持します。

Blendコントロールでは、完全にシフトした出力、またはドライとウェットの信号をミックスしたもの(ハーモニー)を使用することができます。ピッチメニューでは、+7や-7などのピッチや、インテリジェントなピッチシフトエフェクトであるハーモニーを選択できます。これらのハーモナイザー効果は、特定のメジャースケールまたはマイナースケールで演奏されることを意図しています。つまり、キーにC(メジャー)スケールを選択すると、Am(Aマイナー)を兼ねることになり、最も調和のとれた結果を得るためには、A、B、C、D、E、F、Gの音だけを演奏する必要があります。ハーモニーでない場合は、Keyは重要ではありません。Detuneは、より自然な効果を得るのに適しており、ほんの少しだけ(センターポジションから少し上下させる)必要です。

下部には他のオプションがあります。CPU使用率が低い場合はモノラル、ステレオ入力の場合はステレオを選択できます。トランジェントフィックスは、オンまたはオフにすることができます。オンにすることをお勧めしますが、奇妙なグリッチがある場合はオフにしてみてください。入力に強いアタックがある場合は、そのアタックをはっきりと残すことができますが、パッドのように音に合わせてフェードインする場合は、顕著な効果はありません。

ギターチューナーを搭載していますか?そうなんです。どうせ音程を検出するのだから、チューナーとして表示することにしました。目障りなら右下に固定することもできます。

 

Pitchproofのダウンロード方法

以下のリンクより遷移し少しスクロールするとダウンロード出来ます。

ダウンロードには何も必要としません。

記載ありませんが、MacはBig surには対応していないんじゃないかと思います。
(確認出来ないので判りません)

Pitchproofの簡単な使い方

最近のアカペラ系のサンプルは全部キーが記載されていますから、「KEY」を合わせれば大丈夫です。

あとはハーモニーを選択するか、ピッチシフトする度数を決めます。

Harmony Info
2nd 不協和音のハーモニー
3rd 典型的なメジャー/マイナーコードのハーモニー
4th いくつかの音がフラットになることを除けば、+5セミトーンの設定と同じです。
5th メジャー・スケールの最後の音がフラットであることを除けば、+7半音設定と同じです。
6th 典型的なハーモニー・インターバルの代わりに、素敵なサウンドが得られます。
7th 不協和音の7thコードの音。

FLStudioの場合はPatcherを使う事で複数ハモらす事が出来ます。

ハモリはコーラスを掛けてみました。

 

【無料】AegeanmusicのピッチシフトプラグインPitchproofの紹介まとめ

かなり古いプラグインですが、非常に優秀です。

無料と言うのが凄いです。

折角なのでPitchproofを使った記事をもう少し書きます。

 

コメント