【無料】VitalAudioのWaveTableシンセVitalの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】VitalAudioのWaveTableシンセVitalの紹介

以前から話題になっていたVitalがリリースされました。

Vitalの使い方やWaveTableやプリセットの追加方法も書いていますので、こちらもどうぞ

早速音も含め紹介していきます。

これは凄いですよ!!

Serumに近い感じのシンセがプリセットとWaveTable制限ありとは言え、無料で使えます。

使っているのはPlus版なのでもしかすると少し無料のBasicと差異があるかもしれません。
(差分を見る限りプリセットとWaveTableの違いのはずです)

ある意味ではSerumで出来ない事が出来ると思います。

これちょっと凄くないですかね。

 

・Vitalのプラン毎の違い
・Vitalのダウンロード方法
・Vitalの起動方法

 

プラン毎の違い

Vitalは少し珍しいタイプで全部で4プランあります。

それぞれの違いを記載します。

  Basic Plus Pro Subscribe
価格 無料 $25 $80 $5/月
プリセット数 75 250 400+ 400+?
WaveTable数 25 70 150 150?
Text to wavetable 5回/日 5回/日 無制限 無制限
Discord
サポート
新機能へのアクセス
新プラグインへのアクセス

Proとの価格差を考えるとサブスクに入って欲しいようですね。

 

ダウンロード方法

ダウンロード方法は以下のリンクより遷移します。

Vitalを無料で使う場合は、「Basic」をクリックします。

アカウント作成が必須ですので、「Create an account to continue」をクリックします。

登録するメールアドレスとパスワードを入力します。

このメールアドレスとパスワードはプラグイン初回起動時にも使います。

特に確認などなく、すぐダウンロード画面が表示されますので、自分のOSにあったファイルをダウンロードします。

Vitalの起動方法

起動するとログイン画面が表示されますので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

最初にダウロードが開始します。

もし音色などをインストールするドライブをお持ちの場合は、フォルダアイコンから指定出来ます。

ダウンロードが終わったら「Install」をクリックします。

初期起動は以下のような感じです。

WaveTableの編集も自由に出来ますし、エフェクトも豊富です。

【無料】VitalAudioのWaveTableシンセVitalの紹介まとめ

これは凄いですね。

CPU負荷も結構高いですが、エフェクト減らしてリリースを抑えればそこそこの負荷に落ち着きます。

ちょっと少しの間、Vitalの記事を書いていこうかと思います。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント