VCV Rackの使い方 Surge for Rackの解説

Modular
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

VCV Rackの使い方 Surge for Rackの解説

Chillout with Beats の yosi です。

ちょっとVCV Rackで新しいモジュール無いかと見ていたら、見覚えのある名前がありました。

以前無料のソフトシンセの紹介で記事を書いたSurgeがVCV RackでSurgeがモジュール単位で動かせるようです。

早速試してみました。

なんと18個に分かれていました。

ということで、今回は概要のみとします。

でもマニュアルにもオシレータ以外はざっくりしか説明されていないんですよね。

 

Surge for Rackの各モジュール概要

基本いつも通りGoogleさん翻訳です。(軽く直し入れてます)

Surge for Rack Oscillator Modules

Surgeには、波形を生成する「SurgeOSC」モジュールと、一連のウェーブテーブルの上にあるウェーブテーブル発振器である「SurgeWTOSC」モジュールの2つのラックモジュールがあります。

SurgeOSC

SurgeOSCには5つの波形発生器があり、上部のトグルボタンで選択します。 ベースピッチは音符または周波数で設定され(「f / n」を切り替え)、ポリフォニックCVでモジュレートされ、パラメーターのコレクションがあります。 Surgeのマニュアルに書かれているように、パラメーターの種類と意味はオシレーターごとに変わります。

ユニゾンカウントは技術的な理由で制御電圧入力を無視する特別なプロパティです。

SurgeWTOSC

SurgeWTOSCは、サージ補間型ウェーブテーブル発振器です。 2つの補間モードがあります。それらは、プリセット波形を出力する初期のD / AコンバータをシミュレートするWaveTableモードと、より一般的な補間方法のコレクションを使用するWindowモードです。 それはまた300以上のwavetablesと出荷する。

OSCに欠けているWTOSCの主なコントロールはウェーブテーブルの選択です。 波浪中のウェーブテーブルは、“ cat”スピナーによって切り替えられるカテゴリーに分けられ、そして各カテゴリーは“ wt”スピナーによって選択されたウェーブテーブルのコレクションを持っています。 ウェーブテーブルを閲覧してもオシレータは変わりません。 ウェーブテーブルをロードする準備ができたら、「ロード」ボタンを押してください。 「ロード」ボタンが点灯している赤いライトは、あなたが遊んでいるものとは異なるウェーブテーブルを見ていることを示します。

カスタムの.wtファイルを〜/ Documents / Surge(またはSurgeのマニュアルに従ってOSの適切な場所)に作成した場合は、SurgeWTOSCモジュールがそれらを利用可能にします。

Surge for Rack The SurgePatchPlayer Module

SurgePatchPlayerは、本格的なサージシンセサイザーを搭載した状態でサージパッチを再生します。 演奏されるノートは、ポリフォニック・ゲート入力(ノート・オン・ノート・オフ・トリガとして機能します)によってトリガーされ、トリガー時のノートとベロシティを1v / octのノートを使用してキャプチャします。 標準MIDIからの他のコントロールサージ読み込みはCVとして公開されます。

SurgeWTOSCと同じロード/ブラウズのセマンティクスに従います。

 

 

Surge for Rack FX Modules

FXモジュールは、結局、FXごとにカスタムフェイスプレートを持ちます。 今のところ、それらは2つのグループに分けられます、それらはここに示されるコーラスのようなカスタムフェイスプレートを持つものです

FXでカスタムフェイスプレートがあるモジュール

SurgeChorus

4ステージコーラスアルゴリズム

SurgeEQ

EQユニットは3バンドのフルパラメトリックイコライジングを提供します。 この高品質のアルゴリズムは、デジタルイコライザーが通常持っているよりも高い周波数ではるかに良いレスポンスを持っています。

SurgeRotary

ロータリースピーカシミュレータアルゴリズム

SurgeFreqShift

周波数シフター効果 遅延単位とフィードバックループを提供して、連続的にシフトする繰り返し遅延を提供します。

SurgeVOC

Surgeの音声入力は、この20バンドのボコーダーアルゴリズムの入力段で搬送波信号を変調するために使用されます。 キャリアチャンネルはステレオですが、モジュレータは入力チャンネルのモノラル合計を使用します。

FXでカスタムフェイスプレートがないモジュール

ここに表示されているステレオディレイのように、パラメータが単純なラベル付きリストとして表示されている汎用フェースプレート付きのものです。

SurgeDelay

Surgeのディレイアルゴリズムは非常に用途が広く、エコー/ディレイとコーラスの両方としてうまく機能します。

SurgePhase

4ステージフェイザー

 

SurgeDistort

歪みアルゴリズム クリッピングステージのトーンを変えるためのフィードバックループと同様にたくさんのEQオプションを提供します。

SurgeReverb

残響アルゴリズムは、部屋の音響をシミュレートし、音に雰囲気を追加し、特殊効果を作成するのに適しています。

SurgeConditioner

コンディショナーは、シンプルなEQ、ステレオイメージコントロール、そして1つのユニットに組み込まれたリミッターです。 リミッターはメイクアップゲインを自動的に適用します。

Surge for Rack Filter Modules

サージは連動フィルターとフィルターバンクの豊富なコレクションを持っています。 1.beta1.0の時点では、SurgeBiQuadユニットとして最も原始的な単一のバイクワッドユニットのみが利用可能です。これは複数のフィルタタイプをサポートします。

Surge for Rack Other modules

SurgeLFO

サージLFOはポリフォニックLFOです。 2つのモードがあります。 ゲートされていない場合は、コントロールパネルの一番上のセクションでコントロールされている単一のフリーランニングLFOを出力します。 ゲート(モノラルまたはポリフォニック)されている場合は、下のセクションに表示されているDAHDSRエンベロープに従って、エンベロープされたLFOのコレクションを出力します。 ゲートされている場合、ゲートポリフォニーの度ごとに1つのユニークなLFOとエンベロープがあります。 すべてのアイテムが時計へのテンポ同期をサポートできます。

Surge ADSR

Surge ADSRは、複数のモードとテンポ同期を備えたポリフォニックADSRエンベロープジェネレータです。 ポリフォニーはゲート入力によって駆動されます。

 

Surge Wave Shaper

Surge Wave Shaperは、入力信号に暖かさと歪みを加えるための波形整形アルゴリズムの集まりです。Surge Noiseは、VSTのSurge Mixerに現れるノイズジェネレータです。

SurgeClock

SurgeClockは、コントロールによって設定された特定のBPMでゲートとCVを出力する小さなユーティリティクロックです。

Surge for Rack まとめ

かなり使いえるモジュールばかりで驚きました。多分オープンソース自体元々各パーツ単位で(モジュール)で設計されていたんだと思います。

ウェーブテーブルオシレーター、フィルター、ボコーダーはかなり使えそうです。

パッチプライヤーは正直反則ですね。

まだGUIが中途半端なモジュールは更新されるでしょうから、タイミングを見て更新します。

 

 

コメント