ReaktorPlayerをDAWからエフェクトとして使う方法

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

前回の記事でFreePackを追加しました。

無料のReaktor BLOCKS BASEで無料Blockを追加する
記事書いてて心配になったので、別のPCにReaktorPlayerを入れて試してみました。 (Reaktorで動作確認していた為) 問題無くDAWから使えたので一安心。(NativeInstsumentsはもっと情報出すべきですねー) という事でもう...

今回は前回の記事で追加したFreePackのBlockを使ってエフェクトを作ります。

そのエフェクトをDAWから呼び出す方法までをご紹介します。

ReaktorPlayerをDAWからエフェクトとして使う方法

まず読み込む為のエフェクトを作り、保存したものをDAW(FLStudio)からReaktorPlayerを使って呼び出す方法をご紹介します。

これが出来ると自分のオリジナルシンセやエフェクトがMaschineやKompleteKontrolから呼び出して使う事が出来るのです。(素晴らし過ぎ!)

ただ、エフェクトはMaschineのみかと思います。(VSTとしてMaschine FXがある為)

Effectを作る

ReaktorPlayerでEffectを作ります。

とりあえず、気に入ったBit Shifterを使います。

Bit Shifter とDistorsionをミックス出来るようにCrossfadeに繋げて、少し音の調整をする為に、FilterとLimiterを繋げます。

使うモジュールは以下の通りです。

・Bit Shifter
・Distortion
・Crossfade
・Filter
・Limiter

全て追加したらあとはケーブルを繋ぐだけです。

エフェクトとして使う場合は「IN」と「OUT」の間に自分の好きなエフェクトを挟めば出来上がりです。

画像を貼っておきますので、同じものを作成する方は参考にして見て下さい。

出来たら任意の名前で保存します。

「File」->「Save As」をクリックします。

 

スポンサーリンク

 

DAWからReaktorPlayerを追加してBlockを呼び出す

シンセであればReaktorで良いですが、エフェクトの場合はReaktor FXをインサートします。

Reaktor FXを追加したら作成したエフェクトを開きます。

これで完了です。

あとはノブを思うまま動かして楽しい世界へ没頭してください。

かなり過激な音がします。

まとめ

かなり簡単に自分のオリジナルエフェクトが無料で作れてしまいます。

これは凄いですね。

そしてMaschineからも簡単に呼び出せるのは素晴らしいです。

 

コメント