Wavesfactoryの自然なサイドチェインが掛けられるTrackspacerの使い方①

プラグイン
スポンサーリンク

前々から書こうと思っていたので書いときます。

個人的にとても好きなプラグインTrackspacerの使い方を書いていきます。

あと次回以降でダッキングDelayの作り方と言ったTips的な内容も書いてきます。

まずは設定方法です。

Trackspacerの設定方法

FL Studioでの設定方法を解説していきますが、マニュアルに他のDAWでの設定方法が紹介されています。

それぞれのDAWでの設定方法のリンクを貼っておきます。
(ただ全体的に古いです)

LOGIC PRO
PRO TOOLS
CUBASE
LIVE
REAPER
BITWIG
DIGITAL PERFORMER
STUDIO ONE
MASCHINE

ではFL Studioでの設定を解説してきます。

Bassに「Trackspacer」を掛けてKickに併せてサイドチェインが掛かるようにします。

ここではミキサー1にBassでミキサー2にDrumを割り当てた前提で解説していきます。

まずBassが割り当てられているミキサー1に「Trackspacer」を読み込みます。

次にドラムの音をミキサー1のサイドチェインインプットにルーティングします。

ミキサー2を選択して右クリックから「Sidechain to this track」をクリックします。

次に「Trackspacer」を開き左上の歯車アイコンから「Procesing」の「2.Sidechain L/Sidechain R」を「1」に変更します。

これで準備は完了です。

動画も用意しました。

あとはパラメータを調整していきます。

最初は最大まで「AMOUNT」を上げて「Attack」と「Release」を調整すると調整し易いと思います。

「Attack」や「Release」の設定は右したの青い○をクリックすると「Advanced Panel」が出てきます。

まとめ

シンプルなGUIで判り易く、使い易いです。

次回からはダッキングDelay等の作り方を書いていきます。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました