【無料】MIDI CC等のマッピングやトリガーとして使えるプラグインMidi-Shape-Shifterの紹介(Winのみ)

無料プラグイン
スポンサーリンク

MIDI CC等のマッピングやトリガーとして使えるプラグインMidi-Shape-Shifterの紹介(Winのみ)

またちょっと古いプラグインのご紹介です。
(最近Githubに移ってアップデートの兆しありです)

このプラグインは素晴らしくかなり使えます。

「Midi-Shape-Shifter」はMIDIデータを色々な形で出力することが出来ます。

MIDI CCをLFOの形で出力したり、MIDIノートの入力をトリガーにすることだって出来ます。

多分無料でここまで出来るプラグインは無いと思います。

具体的な例としてMIDIノート64をトリガーとして内部のLFOの出力をMIDI CCで出してみます。

動画ではカットオフにMIDI CCの出力を割り当てています。

MIDIノート64がトリガーされるたびにLFOがMIDI CCで出力されカットオフがモジュレートされます。

ちょっと凄すぎですね。

近いプラグインだと有料のXferさんのLFO Tool位でしょうか。

概要

MIDI Shape Shifter(MSS)は、MIDIデータをマッピング、生成、変換するためのVST MIDIプラグインです。このプラグインのシンプルで柔軟なインターフェースは、幅広いMIDIニーズを満たすことができます。例えば、MIDI Shape Shifterは次のような用途に使用できます。

  • ベロシティカーブを適用する
  • LFOを生成する
  • MIDIデータの範囲間のマッピングを作成する
  • 特定のMIDIデータをフィルタリングする
  • MIDIコンプレッションやゲートエフェクトを適用する
  • ノートを自動的にハーモナイズする
  • スプリット/デュアルキーボードを作成する
  • トランスポーズ
  • 1つのノブで複数のパラメーターをコントロール
  • その他

フォーマット

Win64bit VST2のみ

ダウンロード

ダウンロードは登録不要で出来ます。

ダウンロードはこちらから

上記リンクより遷移し、Newsの一番新しいダウンロードリンクをクリックします。

この記事が公開された8/26現在では1.0.11-Betaが最新です。

インストール

インストールはPathの選択は出ません。

インストールすると以下のPathにインストールされます。

もし利用しているVSTフォルダが異なる場合は、インストール後に手動で移しましょう。

C:\Program Files\VSTPlugins

 

まとめ

全然しらないプラグインがまだまだあるもんですね。

正直びっくりしました。

ベータですが、動作的に不安定という事もありませんでしたし、割と直感的に理解が可能です。

今後もアップデートして欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました