Letimixのゲインマッチが出来るプラグインGainMatchの使い方③

プラグイン
スポンサーリンク

さてさて最後にしようと思ったのですが、まだ書ききれないので、もう一回書きます。

前回までの記事はこちら

後日この記事に結合させます。

差分だけを抽出するデルタモード

デルタモードを使うと差分だけ聴く事が出来ます。

こんな感じです。

使う方法は2パターンあります。

1.一時的にデルタモードを利用する

Shift キーを押下しながらスピーカーのボタンをクリックするとデルタモードになります。

上の動画ではまさにこの方法です。

 

2.デルタボタンを常時表示させた状態にする

以下の様な状態です。

やり方は▼を右クリックから「Listen before」->「Display ‘Delta’」をクリック

これでデルタボタンが常時表示されるようになります。

入力の音量を調整する

地味に便利な機能です。

例えばサチュレーション系やダイナミクス系のプラグインでInputゲインが無い場合、入力する音量の調節が面倒です。

「GainMatch」を使うとこの問題が簡単に解決出来ます。

やり方は右クリックから「Display ‘Before’ knob」をクリックします。

すると以下の様にノブが表示されます。

このノブは「Before」の「GainMatch」と連動しており、入力レベルを変える事が出来るんです。

 

そしてリンクを有効にすると「Before」の「Gain」を増やすと「After」の「Gain」が減ります。(要は簡易的にゲインマッチしてくれます)

 

その他

 

テーマを変える

テーマは現状2つのみです。

テーマは歯車アイコンから「Lock and feel」から「Light theme」と「Dark theme」が選択出来ます。

 

まとめ

よくよくマニュアルを見ると思っていたより機能が多かったです。

デルタ機能超便利ですが、これもDAWに搭載すべてきだと思うのですが、どこが最初に搭載しますかね。

勝手な個人的な予想だとBitwigじゃないかと思います。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました