FLStudioの使い方 ボリュームでサイドチェイン効果を得る方法2

FL Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 ボリュームでサイドチェイン効果を得る方法2

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

前回の記事はこちらです。

オートメーションでサイドチェイン効果を得る場合、デメリットとしてKickの位置を修正する時に一緒に変更する必要があります。

これを解決する方法は2つありますが、両方共MIDI(ピアノロール)からKickをトリガーする必要があります。

1.レイヤーを使ってKickとオートメーションをトリガーしてサイドチェイン効果を得る
2.Kickのトリガー情報を「Fruity Envelope Controller」に送りサイドチェイン効果を得る

今回は1つ目の方法を解説します。

レイヤーを使ってKickとオートメーションをトリガーしてサイドチェイン効果を得る

まず、前回作ったサイドチェイン効果が得られる状態からスタートします。

もし判らない場合は前回の記事を読んでみて下さい。

サイドチェインを掛ける対象は音が持続するPad系の音なら何でもOKです。

以下の様な感じです。

このままだとオートメーションとKick両方のクリップが必要で、Kickを修正する度にオートメーションもコピペする必要があります。

そこで、FLStudioの機能であるレイヤーを使って二つをまとめます。

理由は判りませんが、Pluguinで検索を掛けても出てきません。

Tree表示だと「Misc」の中に「Layer」が存在しますので追加します。

「Layer」は何かと言うと、要は階層です。配下のVSTi等に「Layer」が受け取ったMIDIをそのまま送ります。キーボードスプリット等も出来ます。

配下の指定方法は「Layer」をアクティブにしている状態からKickとオートメーションを選択して「Set children」をクリックします。

これでレイヤー化されました。

ではArrangementビューのKickとオートメーションをMuteします。

新たに「Layer」にKickを打ち込みます。

Arrangementビューに新しく打ち込んだKickを配置します。

判り辛いと思いますので、動画を用意しました。

オートメーションは実はMIDIノートでトリガーが可能なんです。

これでMIDIノートでオートメーションのトリガーとKickのトリガーが一つにまとまってすっきりしました。

FLStudioの使い方 ボリュームでサイドチェイン効果を得る方法2まとめ

如何でしょうか。

この方法を毎回用意するのは面倒なのでテンプレートとして一つ作っておくと便利です。

次回は「Kickのトリガー情報を「Fruity Envelope Controller」に送りサイドチェイン効果を得る」をご紹介します。

 

 

コメント